acrofan

産業 経済 技術 ゲーム
社会 生活 自動車 メディア

Artprice by Artmarketは、2020年と2021年の現代アート市場についてのレポートを発表FriezeとFIACがまもなく再開されることで、現代アート市場はNFTの本質的な活性化により、過去21年間の取引量において2,700%増、過去12か月間に117%増を達成

  • 2021-10-08 19:38
  • ACROFAN=PRNewswire
  • mediainquiries@prnewswire.com

パリ, 2021年10月8日 /PRNewswire/ -- Artmarket.comのCEOならびにArtpriceの創業者であるThierry Ehrmannは次のように述べました。 


比較的手頃な価格の作品を多数提供する販売戦略と複数の世代にわたるコレクターからの需要の高まりにより、現代アートのセグメントは、他のあらゆるセグメントよりもはるかに良い仕方で健康危機の悪影響に対して抵抗できました。 


事実、2020年と2021年の期間においては、作品の販売数と全世界のオークション落札額のどちらの観点からしても、現代セグメントはオークション史において最高の年を記録しており、現代アートセグメントがアート市場との関係において新たな領域に進出したことを示しています。


NFTのセンセーショナルな登場と、非常に年若いアーティストたちの作品が信じ難い価格で購入されていることで活性化されたこの動向は、いずれも、アート市場全体の状況を大きく変革したように思われます。NFTは、アーティストを奴隷状態から解放し、自らを市場の支配者とするヘーゲル派哲学の権力闘争を大いに加速させている可能性が非常に高く、そのプロセスにおいて、世界的なアート市場全体を再構成するでしょう。


また、2020年と2021年の時期は東洋のアート市場が西洋のアート市場に向けて開かれたことを極めて顕著に特徴づけ、そのトレンドにより香港は、自らをニューヨークに次ぐ世界第二位 のハブとしてコンテンポラリーアートの購入と販売の地位を築きました。


過去21年間において、現代アート市場は+2,700%の取引量の増加と、昨年は+117%の急激な増加を記録しました。今や成熟した世界市場となり、五大陸で活発な取引が行われています。


「35年以上、アーティストおよび彫刻家として活動し、混沌の住処を管理しているOrgane Contemporary Art Museum(L'Obsで「未来の美術館」と呼ばれる。https://youtu.be/29LXBPJrs-o)の設立者として、2021年、あらゆる形態の特異性が急速に崩壊してゆく社会において、現代アートは、人間らしさを確認できる最後にして特異な活動領域であると私は信じています。そして、このことが今や1億2000万人のコレクター、専門家、アートの愛好家たちを魅了し、アートへの情熱の高揚を説明していると信じています」。


2021年10月4日にAFPで独占的に発表(主要な数字と共に)されたとおり、Artpriceの2020年と2021年の現代アート市場報告は、現在(2021年10月5日)オンラインですべて公開されています。この報告は、秋のメジャーなアートフェア(特にFriezeとFiac)に向けての必須ツールであり、以下のアドレスから無料で入手できます。


https://www.artprice.com/artprice-reports/the-contemporary-art-market-report-2021


すべてのセグメントの価格指標対現代セグメントの価格指標


All-segment price index vs. Contemporary segment price index
All-segment price index vs. Contemporary segment price index

主要な数字


この業績は、現代アートを他のすべての時代の創作とは異なるものにしています。


12か月の間に102,000点の現代作品がオークションで販売され、総額は27億ドルを生み出し、 


2019年と2020年と比較すると117%の増加 (2018年と2019年との比較では34%の縮小)です。


現代アート、2000年と2001年にはアート市場全体の3%でしたが、それに対して2020年と2021年には、23%を占めるようになりました


これは、20年前と比較すると8倍のロットが販売され、価格が26倍も上がったことを示しています。


現代アート作品の市場への投入は、これまでにないほど多様化しており、需要とも十分に調和がとれていて、70%の作品に買い手がつきました。


34,600人のアーティストたちの作品が網羅されており、うち1,300人はオークションでのデビュー(オークション市場に初めて出品)を果たし、5,000人がオークションで新記録を樹立しました。


59の異なる国々において、770のオークションハウスで作品が販売されました。


売上高の点からすると、クリスティーズ(32%)、サザビーズ(26%)、フィリップス(10%)が世界の売上の3分の2を占めています。 


地理的な観点からすると、ニューヨークと香港が現代アートの世界の総売上高の60%を占めています。


絵画は、価値(73%)とロットの販売(42%)のいずれにおいてもトップのカテゴリーでした。


数百万ドルのうち、絵画は82%を占めていますが、それに対してドローイングは6%、彫刻は6%でした。


NFTメディアは、数百万ドルの結果を既に9回も達成しましたが、同じ時期の写真メディアの3倍に相当します。


当社の現代アート価格指数は、2000年以来、400%も上昇しています。


Jean-Michel Basquiatの絵画In This Case (1983年)は2002年に100万ドルの値がつけられました。驚いたことに、2021年には9300万ドルで販売されました。 


中国は、現代アートのハブとして世界を牽引するようになりましたが、このセグメントの世界的な売上高の40%を占めています。  


意外なことではありませんが、第2位は米国(32%)、第3位は英国(16%)です。


香港はロンドンを追い抜き、+277%の売上高増という並外れたた記録を樹立しました。


北京も現代セグメントの売上高が3億500万ドル(161%増)となり、かなりの売上高を記録しました。


5位のパリの売上高は5,500万ドルですが、世界の主要な競合相手に比べると、非常に遅れをとっています。


競売でNFTが販売されたのは史上初で、BeepleEverydaysだけで現代アートセグメントの総売上高の3% (6,900万ドル)を占めています。 


Banksyは、 Picasso BasquiatWarholMonetに次いで、アート市場全体におけるベストセラーアーティストの上位5名に入りました。


わずか34歳という年齢で、アメリカのアーティストAvery Singerは、絵画のひとつをオークションで400万ドル以上で販売しました。


FRIEZEFIAC


パリでは、国際的なアートコミュニティの関心がFIACに向けられるようになりますが、その2週間前には、ロンドンでFriezeアートフェアがまもなく開催され、博物館、ギャラリー、オークションハウスは、アートマーケットの強さを再び実証するに違いありません。 


英国の首都は、フランスの首都(ロンドンの美術品オークション売上高のわずか半分しか生み出していない)を恐れることはありませんが、それでも、香港の躍進を気にしない訳にはいきません。旧英国植民地は、とりわけハイエンドの現代アート市場において極めて魅力的な存在となりました。2021年度の上半期だけで、英国の12億ドルに対して、香港は9億6,200万ドルを達成しました。 


それにも関わらず、ロンドンは現代アート(今年はKandinskyの素晴らしい絵画が販売)において欠かすことのできない存在であり、2330万ドルの新記録を樹立したBanksyの市場での驚異的な躍進に貢献し続けています。年間オークション売上高の観点からすると、もともとはブリストル出身のこの匿名ストリートアーティストは、今や第2市場において現存する世界で最も有名なアーティストになりました。


メソドロジー


このレポートでは、2020年7月1日から2021年6月30日の期間に世界で開催された美術作品のパブリックオークションの結果に基づいて、現代アート市場(1945年以降に生まれたアーティスト)について分析しています。 


絵画、彫刻、インスタレーション、ドローイング、写真、プリント、 ビデオ、NFTなどの結果に専ら焦点を絞り、匿名の文化遺産と家具は省かれています。 


米ドル($)で示されているすべての金額には、購入者のプレミアムが含まれており、最終落札価格を販売日に米ドルに換算したものです。


2021年、特別なヴィンテージ


現代アートセグメント(1945年以降に生まれたアーティスト)では、2021年の上半期において歴史的なオークション落札額の業績が記録されており、2019年上半期(新型コロナウィルスの影響が生じた初期の頃 となる2020年上半期に落札された売上高の5倍に相当)に対して50%増加しました。 


この歴史的な業績(2021年上半期に15億8,000万ドル)の根底にあるものは、2020年下半期の健康危機に対応した現代アート市場の急速な変化、オンライン販売への移行の成功、新たに出現した現代アートの購入者に向けた市場の方向性の提示です。その結果として、特に米国(2021年上半期に5億9,200万ドル)と香港(4億3,500万ドル)のほか、ドイツ(2,170万ドル)においても、現代セグメントの前期としては異例の総売上高を記録しました。


現代(-8%)と戦後(-4%)のセグメントは、健康危機が生じる以前の活動レベルの回復にはまったく至らず、現代セグメントの業績はさらに顕著なものとなりました。20年前、現代アートはアート市場全体のわずか3%を占めていたに過ぎませんでした。2021年上半期には23%に達しました。Jean-Michel Basquiatは、わずか6か月間で3億ドル以上(同じ時期におけるAndy Warholの2倍)を売り上げ、アート市場全体のオークション売上高においては、4.3%を占めました(全期間の合計)。


世界中の現代アートからの6か月ごとのオークション売上高



Semestrial auction turnover from Contemporary art around the world
Semestrial auction turnover from Contemporary art around the world


アジア...は東洋に向けて軸を移動する


極めて困難だった2020年の後、中国、香港、台湾は2021年上半期に異例の業績を記録し、2020年と2021年の現代アートの売上高は10億米ドルに達しました。つまり、このセグメントの世界売上高の40%を占めたことになります。


こうしたことのゆえに、アジア市場は現代アートの販売の世界的に主要なハブとなり、これらの販売は、アジアのアーティストたちは勿論のこと、西洋のアーティストたちにとっても重要になっています。こうした新しい現象は、アジアと環太平洋におけるますます堅調で活発な市場を反映しています。


現代アートオークション売上高の地域別の内訳(2020年と2021)


Geographical breakdown of Contemporary art auction turnover (2020/21)
Geographical breakdown of Contemporary art auction turnover (2020/21)

4名のアーティストたちが4つの主要なトレンドを表現:


Banksy (1971) - 主要で世界的な分野として認められたストリートアート


47歳の匿名ストリートアーティストは、第2市場で最も成功した世界トップ5のシグネチャーのひとりで、あらゆるクリエイティブな時代を結び合わせています。 


特に現代セグメントでは、総売上の量が1億8,100万ドルでBasquiatに次ぐ第2位となり、同部門の総収入の7%を占めました。これは、現代アート市場において最も人気のある3人のアーティストのうちの1人として、新記録となります。


過去5年間でBanksyの年間の総売上高は飛躍的に上昇:2016年に300万ドル、2017年に700万ドル、2018年に1,600万ドル、2019年に2,900万ドル、2020年に6,700万ドル、2021年上半期に1億2,300万ドル。..


Amy Sherald (1973) - ウーマンパワー


2020年と2021年の期間において、最強の結果もたらしたもののひとつは、2018年にMichelle Obamaの公式肖像画を描き、その後Hauser & Wirthが代理店となったアーティストのAmy Sheraldの作品でした。 


2020年12月7日、 フィリップスは彼女の絵画The Bathers (2015年)を、 高額見積の21倍に相当する426万ドルで販売しました。キャンバスには、青色の背景にカラフルな水着を着た2人の黒人女性が描写されています。6か月後、ニューヨークで再びフィリップスは、彼女の絵画のIt Made Sense Mostly In Her Mind (2011年) に対して驚異的な結果を叩き出しました。50万ドルから70万ドルと見積もられたこの作品は、350万ドル以上の値をつけました。 


これらの2つの結果を見ると、2019年にアーティストが以前のオークションで記録した35万ドルが大したものでないようにすら感じられます。


Beeple (1981) - NFTのウィルスの狂気 


昨年において、これまでのアートオークション市場ではまったくの無名だったBeepleは、現在では、David HockneyとJeff Koonsに次いで、すべてのメディアを結合させる、世界で最も高値で現存するアーティストの3人のうちの1人です。 


巨大であるばかりか、オンラインでもあり、しかも非代替性トークンで、Ethersで支払われるという単一の結果で、2020年と2021年の期間において、Beepleには現代アートのオークションで2番目に良い入札がありました。パブリックオークションに出品された初のNFTであるBeepleのEverydaysThe first 5000 Days (2021年)開始価格100ドルに対し、6930万ドルという目の覚めるような価格で落札されました。しかも、ギャラリーも展覧会もなく、オークションでの販売経験もないアーティストの作品です。 


しかし、彼にはインスタグラムで数百万人のフォロワーがおり、伝統と信頼のあるオークションハウスのクリスティーズから支援を受けていました。 


Amoako Boafo (1984) - アート市場も融合している Black Lives Matter 


現在、世界的に売り出し中の別の若手アーティストはAmoako Boafoです。2020年12月2日、彼は香港(クリスティーズ)でBaba Diopと題された絵画でセンセーショナルなオークションデビューを果たし、最低見積額の10倍に相当する114万ドルの自己新記録を達成しました。


そのため、翌日、やはりクリスティーズ香港で、彼のドローイングUntitled (Two Hands)が高額見積の10倍になりましたが、驚くにはあたりませんでした。


画像:
[https://imgpublic.artprice.com/img/wp/sites/11/2021/10/image1-price-index-all-vs-contemporary-artprice-artmarket-EN.png]
[https://imgpublic.artprice.com/img/wp/sites/11/2021/10/image2-world-contemporary-semestrial-auction-turnover-artprice-artmarket-EN.png]


[https://imgpublic.artprice.com/img/wp/sites/11/2021/10/image3-geographical-breakdown-of-contemporary-art-auction-turnover-artprice-artmarket-EN.png]


Copyright 1987-2021 thierry Ehrmann www.artprice.com - www.artmarket.com


 


Artmarket について:


Artmarket.comは、Euronext Paris、SRD long onlyおよびEuroclearによってEurolistに記載されています。7478 - ブルームバーグ:PRC - ロイター:ARTF。


動画でArtmarketとArtpriceを見る: //web.artprice.com/video


Artmarketとその部門であるArtpriceは、1997年にCEO Thierry Ehrmannによって創立されました。Artmarketとその部門であるArtpriceは、1987年創立のServeurグループの管理下に置かれています。


Who's who © 内の公式バイオグラフィーを見る:
https://imgpublic.artprice.com/img/wp/sites/11/2021/06/Biographie_nov2020_WhosWho_thierryEhrmann.pdf


Artmarketはアート市場におけるグローバルプレイヤーです。Artpriceをはじめとするさまざまな部門を通じて、歴史的データと現在のアート市場の情報を収集、管理、活用する世界的リーダーとして、3,000万件以上のアート指標とオークション結果、77万人以上のアーティストをカバーしたデータバンクを有します。


Artprice Images®は、世界最大のアート市場イメージバンクのデータベース無制限アクセスを提供しています。このデータベースには、1700年代から今日までのアート作品の1億8千万を数えるデジタル写真とエッチング画像が、美術史家のコメント付きで収められています。


ArtmarketはArtpriceとともに6,300にのぼるオークションハウスからの情報をたえず収集し、主要なプレス、メディアエージェントに向けてアート市場のキー情報を提供しています(出版数7,200)。450万人のログインメンバーが、メンバーの投稿する広告へのアクセスを有し、リーダー的なGlobal Standardized Marketplace®を代表するネットワークとして、固定ないしは入札価格でのアート作品の売買を取り扱います(オークションはフランス商法の L 321.3条における第2、3段落の定めによって規定されています)。


ArtmarketはArtpriceを含めて、BPI(国立投資銀行)から「イノベーティブ企業ラベル」国立認定を受け、2018年11月から2回目となる3年間の国立支援を獲得しています。これに力を得て、アート市場におけるグローバルプレイヤーとしてのポジション強化プロジェクトに取り組んでいきます。


Artmarket.comによるArtpriceの2020年と2021年の現代アート市場レポート:
https://www.artprice.com/artprice-reports/the-contemporary-art-market-report-2021


Artprice by Artmarket による 2020 年グローバルアート市場報告書 (2021 年 3 月発表):
https://www.artprice.com/artprice-reports/the-art-market-in-2020


Artmarketと同Artprice部門によるプレスリリースのインデックス:
serveur.serveur.com/press_release/pressreleaseen.htm


Facebook と Twitter で、ArtmarketとArtpriceによるアート市場のニュースをリアルタイムでフォローしてください:


www.facebook.com/artpricedotcom/(フォロワー数500万人以上)


twitter.com/artmarketdotcom


twitter.com/artpricedotcom


ArtmarketとArtprice部門の仕事や世界観をみるhttps://www.artprice.com/video有名なOrgane Contemporary Art Museumに本社を置く "The Abode of Chaos"(The New York Timesより):https://issuu.com/demeureduchaos/docs/demeureduchaos-abodeofchaos-opus-ix-1999-2013


L'Obs - 未来の美術館:https://youtu.be/29LXBPJrs-o


www.facebook.com/la.demeure.du.chaos.theabodeofchaos999


(フォロワー数 440 万人)


https://vimeo.com/124643720


Photo - https://mma.prnasia.com/media2/1652934/Artprice_Global_Index.jpg?p=medium600  
Photo - https://mma.prnasia.com/media2/1652935/Semestrial_auction_turnover.jpg?p=medium600  
Photo - https://mma.prnasia.com/media2/1652936/Contemporary_art_auction_turnover.jpg?p=medium600  
Photo - https://mma.prnasia.com/media2/1009603/Art_Market_logo.jpg?p=medium600


Artmarket.comおよび同Artprice部門へのコンタクト - コンタクト:thierry Ehrmann, ir@artmarket.com