acrofan

産業 経済 技術 ゲーム
社会 生活 自動車 メディア

世界最先端の新英語アセスメント、TOEFL(R)Essentials(TM)テストを導入

  • 2021-05-19 17:52
  • ACROFAN=PRNewswire
  • mediainquiries@prnewswire.com

【プリンストン(米ニュージャージー州)2021年5月19日PR Newswire=共同通信JBN】


*ETSがTOEFL(R)のアセスメントファミリーに最新の追加、2021年8月供用開始


ETSは19日、最新の英語習熟度アセスメントであるTOEFL(R)Essentials(TM)テストを導入すると発表した。TOEFL EssentialsテストはTOEFL(R)アセスメントファミリーで2番目の重要な英語習熟度テストになり、15年以上前に導入されたTOEFL iBT(R)テストに合流する。TOEFL Essentialsはまた、学生が望む簡便で手ごろなアクセスと教育機関が信頼する品質の理想的コンビネーションを提供する最初の英語テストでもある。8月21日(土曜)から実施されるテストの受験者登録は6月17日(木)から。


TOEFL Essentialsテストは、多用途スキル4種(リスニング、リーディング、スピーキング、ライティング)の英語テストで、大学受験やその他の重要な決定のために考案されている。教室内およびインターンシップやインタビューなど教室外の設定に必要なアカデミック、一般双方の英語スキルを測定する。テストはまた、ライティングとスピーキングのサンプル、基礎スキルの追加的評価、独自のPersonal Video Statement(志望動機ビデオ)を通じ、教育機関に拡充されたインサイトを提供する。Personal Video Statementは受験生に独自の個性紹介機会を与える無採点の短いビデオ録画である。


▽テストのキーポイント:


  • コンテンツ:50%がアカデミック、50%が一般の英語
  • 形式:スキルレベルに基づいて調整される短い即答タスクの多段適応型形式
  • 所要時間:約1時間半
  • 場所:自宅。実証されたTOEFL iBT(R)Home Editionモデルに似たProctorU(R)が提供するクラス最高の人が監督するセキュリティー
  • 特徴:テスト終了直後のリーディング、リスニングスコア、MyBest(R)スコア、無料、無制限のスコアリポート
  • 料金:場所によって異なるが100-120米ドル
  • 採点:スピーキング、ライティング部門は人が評価して正確性と公平性確保

TOEFL EssentialsテストとTOEFL iBTテストは似ており、双方とも重要な決定に向けた上質、正当で信頼できるスキル4種の英語テストである。しかし、スキル測定、設計、受験体験へのアプローチで明確な違いがあり、このため、教育機関はいずれも採用テストポートフォリオ内で英語習熟度の独立型評価として利用できる。


TOEFL ProgramのSrikant Gopalエグゼクティブディレクターは「TOEFL iBTテストは国際受験界で判断基準の地位を固めているが、われわれは革新的で多用途のTOEFL Essentialsテストによってポートフォリオを拡充し、学生が彼らのテストスタイルと好みに最適なTOEFLテストを選べるようにしている。TOEFL EssentialsテストとTOEFL iBTテスト双方は、学生が行きたいところに行くのに役立つ。われわれは、世界中の学生が教育の旅を進める一助になるTOEFLの品質・公正遺産を引き継げることを喜んでいる」と語った。


ETSは今後数週間、TOEFL Essentialsの調査設計枠組みを公表し、スコア基準、スコア比較表、スコア要件推奨に関連する詳細を明らかにする。教育機関はそれによって、個別ニーズに応じた合格、スコア設定要件を情報に基づいて決定できるようになる。世界約250機関の最新調査によると、95%はTOEFL Essentialsテスト採用の意向を示し、90%は彼らのプログラムに新出願者を引き付ける上でこのテストが有益とみている。


現在まで既に数カ所の大学が採用を示唆している。


ボブ・ジョーンズ大学(米サウスカロライナ州)入学事務室の外国人留学生関連コーディネーター、Bryan Boudreau氏は「当大学は過去1年、英語テストの便利なオプションを検討してきたが、正当性と信頼性の懸念から慎重になっていた。われわれは長年、学生の成功を実証したTOEFLブランドを信頼するようになり、利便性と信頼性を結び付けたこの新オプションを歓迎する。教職員は極めて熱心で、TOEFL Essentialsが学生の成功支援に必要なものをもたらすことを認めている」と話した。


サフォーク大学(米マサチューセッツ州)のRaffi Muroy国際入学部長は「サフォークはアクセスと機会を尊重している。それはわれわれの基本使命、目標表明である。従って、志願者が高等教育を追求できるようにアクセスと機会を提供できるものは何でも、大いに敬服する。われわれはTOEFLとETSを信頼しており、これが価値あるオプションを学生に提供する素晴らしい一手とみている」と話した。


登録、テスト準備、スコア、FAQなどの情報を含む詳細はwww.ets.org/toefl/essentials を参照。


▽ETSについて


ETSは厳格な調査に基づくアセスメント創出により、世界の人々に対する上質で公平な教育提供を推進している。ETSは個人、教育機関、政府機関を対象に教職課程、英語学習、初等・中等・中等後教育に向けたソリューションをカスタマイズすることに加え、教育分野の研究、分析、政策研究を行っている。ETSは1947年に非営利団体として創設され、現在は世界180カ国以上の9000を超える場所で年に5000万件以上のテストを開発、実施、採点しているが、その中にはTOEFL(R)およびTOEIC(R)テスト、GRE(R)テスト、The Praxis Series(R)アセスメントが含まれている。


ソース:ETS


▽問い合わせ先
Stephanie Winters
1-609-359-5789
mediacontacts@ets.org