acrofan

産業 経済 技術 ゲーム
社会 生活 自動車 メディア

韓国フィリップモリス「IQOS」記者懇談会

  • 2017-05-18 18:18
  • ACROFAN=金 炯根
  • hyungkeun.kim@acrofan.com
韓国フィリップモリスは17日午前、ソウル市中区に位置するBanyan Tree Club & Spa Seoulで記者懇談会を開催した。

この行事はフィリップモリスが煙のないヒーティング方式のタバコ製品「IQOS」の発売を控えて製品の特徴を紹介するために準備され、韓国のフィリップモリスのチョン・イルウ代表とキム・ビョンチョル専務、フィリップモリスインターナショナル(以下PMI)R&DのMoira Gilchrist博士などの関係者が出席した中で行われた。

韓国フィリップモリスのチョン・イルウ代表は「PMIは煙のないタバコ製品がもたらす未来を作っています。この商品は一般シガレットを喫煙するより優れた選択だと思います。」と言って、「新たに発売される『IQOS』を通じて韓国の成人喫煙者もこのような未来に参加するということに大きな意味があり、多くの成人喫煙者が『IQOS』を選択すると期待しています。」と述べた。

 
▲韓国フィリップモリスの「IQOS」記者懇談会が開催された。

 
▲チョン・イルウ代表は「煙のないタバコ製品がもたらす未来は一般シガレットを喫煙するより優れた選択だと思います。」と述べた。

発表によると韓国のフィリップモリスは自社のヒーティング方式のタバコ製品である「IQOS」を来る6月5日に正式発売する。今回の正式発売を通じて韓国は日本に続き「IQOS」を販売する主要アジア市場となる。

「IQOS」は煙草固形物を利用して特殊製作されたタバコ製品である「HEETS」を火に焼かずヒッティングする電子機器でタバコの煙や灰がなく室内空気を汚染させないのはもちろん、タバコの煙より臭いもはるかに減ったニコチン含有蒸気が発生する。「IQOS」専用「HEETS」は実際の煙草の葉を使用した煙草固形物で製造されタバコの葉固有の味と満足感を提供する。「HEETS」は「IQOS」機器のみ使用することができ、一般シガレットと違って火をつけて使用することができないように設計された。

PMIは「IQOS」をはじめ燃えないタバコ製品の開発と研究のため2008年から約3兆4,000億ウォン(約30億米ドル)以上を投資してきており、430人以上のR&D専門家が関連の研究開発に参加している。 PMIはタバコ産業では初めて製薬業界で広く認められている研究開発手法に基づいて科学的で体系的な研究を実施しており、またこのような研究は米国食品医薬局(FDA)の「リスク低減タバコ関連製品(MRTP:Modified Risk Tobacco Product)」選定基準に合致する。

 
▲韓国フィリップモリスは「IQOS」を来る6月5日に正式発売する。

 
▲「IQOS」は「HEETS」という煙草固形物を利用する。

PMIは関連研究についたより独立的な検討と検証のために自社の全ての研究方法と結果を公開している。現在まで行われた研究によるとIQOSで発生する蒸気には一般タバコの煙に比べ国際機関が定めた有害または潜在的に有害な物質が平均90%少なめに含まれていると主張した。

Moira Gilchrist博士は「『IQOS』の蒸気は標準タバコ(3R4F reference cigarette)から発生する煙と比較して有害または潜在的に有害な物質が平均90%低く、『IQOS』の蒸気はニコチンを伝達しながらもタバコの煙よりも毒性が著しく低い。1週間の臨床研究2件と3ヵ月間の臨床研究2件から『IQOS』に完全に転換した成人喫煙者の場合、15種類の有害物質に対する露出が大幅に減少した。」と明らかにし、「このような数値は該当研究期間に喫煙を中断した人たちから観察される露出減少値と似ている。また、「IQOS」は室内空気を汚染させず間接喫煙の原因であるタバコの煙も発生させない。」と紹介した。

さらに「『IQOS』が危険が全くなかったり無害だということではないが、喫煙を継続しようとする成人喫煙者にはより良い選択だ。」と強調した。

 
▲Moira Gilchrist博士が関連研究結果を発表した。

 
▲「IQOS」の蒸気は標準タバコと比較して有害または潜在的に有害な物質が平均90%低いと紹介した。

韓国のフィリップモリスは「IQOS」と「HEETS」は6月5日からIQOS専用ストアやソウル全域のCUコンビニ、エレクトロマートの一部支店などで公式に発売する予定であり、これに先立ち5月27日からソウル光化門とカロスキルに位置したIQOS専用ストアで「IQOS」機器と「HEETS」を限定数量で事前販売する計画だ。

電子機器である「IQOS」の推奨消費者価格は120,000ウォンだが、成人認証が必須の公式ウェブサイトに加入して製品の使用説明映像を視聴した後にもらえる特別購入コードを「IQOS」販売先で提示すれば97,000ウォンで購入することができる。「IQOS」専用に特殊製作されたタバコ製品である「HEETS」の価格は20個入りの一パック当たり4,300ウォンだ。

現在まで「IQOS」は英国、ドイツ、イタリア、スイスを含む25ヵ国で発売され200万人以上の喫煙者がIQOS利用者に転換した。日本では2015年9月全国発売されており、「IQOS」専用のタバコ製品の日本市場占有率は4月中旬を基準として8.8%を達成した。

一方、PMIは2017年末まで約30ヵ国から「IQOS」を披露する予定である。