acrofan

産業 経済 技術 ゲーム
社会 生活 自動車 メディア

海運業界、MV Tutor号とVerbena貨物船への攻撃受け、対策を求める

  • 2024-06-20 19:10
  • ACROFAN=PRNasia
  • hkcs@prnasia.com

ロンドン, 2024年6月20日 /PRNewswire/ -- 海運業界は、6月12日水曜日に紅海のMV Tutor号で無人艇による攻撃で、別の船員が死亡したという悲痛なニュースに、おびえ、深い悲しみを抱いています。我々はこうした航行の自由という根本原則に真っ向から反する攻撃を、強く非難するものです。


我々は、悲劇的に命を落とした船員の家族と愛する人々に、心からのお悔やみとお慰めの意を表します。遺憾ながら、ただ単に職務を遂行しているだけの無辜の船員が攻撃されるのは、まことに遺憾であり、看過できない事態だと言わざるを得ません。彼らの業務は、世界を温かく保ち、食糧を供給し、衣服を提供する、まさに不可欠なものなのです。


これは、我が国の船員が地政学的な対立の只中に巻き込まれ、悲惨な被害に遭遇した2件目の事案となります。今年初めに True Confidenceが攻撃された際には、3人の船員の尊い生命が失われる重大な事態となりました。また、Galaxy LeaderMSC Ariesの乗組員が依然として人質状態にあることも、決して忘れてはならない重大な事実です。


さらに、6月13日木曜日にVerbena貨物船が対艦巡航ミサイルによる攻撃を受け、1名の船員が重傷を負ったことを、我々は断じて許容できるものではなく、強く非難するものです。


このような事態は到底許容し難いものであり、これらの攻撃行為は直ちに停止されなければなりません。我々は、この地域において影響力を有する各国に対し、無辜の船員の安全を確実に護るとともに、紅海における緊張状況の早期緩和を強く要請するものです。我々は、この問題に対する非難の声明に接し、そうした支持の言葉に深く感謝していますが、これら重要な労働者や産業に対する違法な攻撃を断固として阻止するための具体的な措置を、切に要望するものです。


来たる6月25日の船員デーには、世界がそれぞれの船員が世界経済に果たす大きな貢献を深く認識し、紅海や世界各地で彼らが直面している不当な状況に、改めて注目を向けてくれることを心より願っています。


以下に、この声明に連名した団体の完全なリストを記します。


アジア船主協会(ASA)BIMCO、クルーズ・ライン国際協会(CLIA)、欧州共同体船主協会(ECSA)INTERMANAGER、国際ドライ・カーゴ船主協会(INTERCARGO)、国際港湾協会(IAPH)、国際海運会議所(ICS)、国際船長協会連盟(IFSMA)、国際海事雇用者協議会(IMEC)、国際海事パイロット協会(IMPA)、国際タンカー荷主協会(IPTA)INTERTANKO、全国船舶仲介・代理店協会連盟(FONASBA)、ワールド・シッピング・カウンシル(WSC)