acrofan

産業 経済 技術 ゲーム
社会 生活 自動車 メディア

紹興から東京へ:黄酒が2つの豊かな文化を結びつけます

  • 2024-06-18 10:00
  • ACROFAN=PRNasia
  • hkcs@prnasia.com

貿易と文化交流が拡大する中、紹興黄酒は中国の伝統と日本の愛好家をつなぐ架け橋として浮上


東京、2024年6月18日 /PRNewswire/ – 中国南東部の海岸沿いにある紹興市は、2,500年以上にわたる豊かな歴史の中で、会稽、山陰、越州などさまざまな名前で知られてきました。紹興市は元々の国家歴史文化名城の一つとして認められており、東アジア文化の首都としても称賛されています。紹興市は、風光明媚な水路、建築的に重要な橋、そして書道と学問の中心地として高く評価されています。この都市は、世界的に有名な黄酒である紹興黄酒の発祥の地でもあります。 




紹興黄酒は、自然の精神と穀物の本質が調和した天然の米酒の典型です。このワインの独特の特徴は、この地域の優れた天然資源、つまり、江湖の良質な水、地元産のもち米、湿気の多い気候によって形成されており、それぞれがワインの独自性を定義する上で重要な役割を果たしています。何世代にもわたって受け継がれてきた醸造技術によってさらに強化された紹興黄酒は、東アジアのワイン醸造の伝統と品質の証となっています。


「自然には季節があり、大地には本質があり、素材には美しさがあり、職人技は技術を示しています。」


紹興黄酒はこれらの原則を体現しています。アルコール度数が低いのが特徴のこのワインは、江湖の水、紹興もち米、小麦を使用して丁寧に作られています。醸造工程では、中国の酵母と小麦麹に含まれる有益な微生物の助けを借りて糖化と発酵が行われ、ワインに独特の複雑さが加わります。紹興黄酒は黄色または琥珀色をしており、透明感と鮮やかな透明感を誇ります。風味は、甘味、酸味、苦味、辛味、爽やかさ、渋みが絶妙に調和し、爽やかでまろやかな味わいに仕上がっています。香りは力強くも上品で、熟成感がありながらも穏やかで、健康的で栄養豊富な特徴を体現しており、特に健康管理に適しています。


中国最高の黄酒として認められている紹興黄酒は、国内で初めて原産地保護指定を受けた製品という名誉を持っています。その醸造技術は、国家無形文化遺産の第 1 バッチに選ばれました。個性的な製造工程とまろやかな味わいで、このワインは世界中の消費者と愛好家の両方から称賛されています。


中国と日本の文化的、独特のつながりが強まるにつれ、豊かな文化遺産を探索するために中国を訪れる日本人観光客が増えています。飲食の重要なアトラクションの 1 つは、紹興黄酒試飲ツアーです。同時に、中国の黄酒の生産者は国際的に進出しており、特に紹興黄酒を日本市場に紹介しています。この拡大により、より幅広い視聴者がこの絶妙な飲み物のニュアンスを味わう機会が生まれました。


6 月 19 日から 21 日まで、東京で開催される日本国際食品博覧会 (Japan International Food Expo - JFEX) には、紹興を拠点とする黄酒の生産者と販売業者 12 社が参加します。この博覧会では、紹興黄酒専用の特別ゾーンが設けられ、参加者が伝統的な中国酒を試飲して詳細を知るユニークな機会が提供されます。このゾーンでは、紹興黄酒を試飲し、その豊かな文化と風味を体験できます。