acrofan

産業 経済 技術 ゲーム
社会 生活 自動車 メディア

SNEC 2024 | Shijing Solar、展示会で最新のN型TOPCon太陽電池製品を展示

  • 2024-06-17 10:50
  • ACROFAN=PRNasia
  • hkcs@prnasia.com

上海、2024年6月17日 /PRNewswire/ -- 6月13日、上海の国家コンベンションセンターで第17回国際太陽光発電およびスマートエネルギー会議・展示会(SNECエキスポ)が開催されました。Shijing Solarは、主流のN型TOPCon太陽電池を6種類披露し、低劣化、優れた温度係数、優れた両面効率、および低いLID損失で大きな関心を集めました。




今年のSNECエキスポは、過去最大であり、会場面積は40万平方メートルを超え、3,300以上の出展者と50万人以上の訪問者が参加しています。Shijing Solarの300平方メートルのブースには、無限ループのロゴと壮観な中国南部の風景画が特徴で、これにより同社のクリーンエネルギーへの取り組みが際立ちます。


Shijing Solarの主力製品には、183.75-16BB、183.75-10BB、182.2-16BB、191.6-16BB、210R-16BB、210*210-18BBが含まれており、セル効率は26.5%を超えています。Shijing Solarは革新的なN型太陽電池技術で知られており、最先端の自動化された生産設備を使用し、先進的な研究開発チームと研究室を有しています。同社は、トップクラスの製品基準を持つ大規模でデジタル化されたスマート製造基地の構築を目指しています。すべての公開されたN型高効率TOPCon太陽電池は、両面効率が80%以上、優れた抗PID性能、-0.30%/K以下の低い電力温度係数、および低いCTM(セルからモジュールへの)損失を特徴としています。182.2*183.75mmのマイクロ長方形セルは、モジュールの出力を増加させ、BOSコストを削減し、より高い発電量と投資収益を提供します。


6月14日、Shijing SolarはTÜV Rheinlandとの戦略的協力契約締結および認証式を開催し、N型TOPCon太陽電池の包括的な製品信頼性認証を開始し、優れた品質と顧客価値を確保しました。


Shijing Solarは主流のTOPCon技術ルートを採用し、強化されたレーザー技術の早期採用企業の一つであり、製品の効率向上を持続的に図っています。Shijing Solarは世界をリードする機器メーカーとのパートナーシップを築き、常に高品質な生産を保証しています。同社の生産施設は、大規模なデリバリーに向けて高度な統合互換性を活用しています。


将来、Shijing SolarはN型TOPCon太陽電池の効率をさらに向上させ、BC、HJT、およびペロブスカイト利用タンデムセルなどの技術領域で太陽電池技術の開発を進め、製品の競争力を高めていく予定です。