acrofan

産業 経済 技術 ゲーム
社会 生活 自動車 メディア

調査:高まるリスクに直面する中国ベースのCEOの慎重な楽観論

  • 2024-06-15 03:39
  • ACROFAN=PRNasia
  • hkcs@prnasia.com

北京, 2024年6月15日 /PRNewswire/ -- 中国ベースの多国籍企業のCEOの景況感は、過去6ヶ月でわずかに改善しました。全体的な景況感はやや上向いたものの、中国のビジネスリーダーは、中国経済の減速、地政学的緊張の高まりへの懸念、現地での競争激化に代表されるビジネスリスクの増大に直面していると述べています。The Conference Board Measure of CEO Confidence™ for China は、中国で事業を展開する主に米国と欧州の多国籍企業の中国ベースのCEOを対象に世論調査を行っています。この半期に一度の調査では、現在および将来の景況感、中国の売上と投資の見通し、ビジネスが直面する最大のリスクなどのトピックについてセンチメントを測定しています。


全体として、景況感(0から100のスケール)は半年前の54から56に上昇し、センチメントが慎重ながらも楽観的であることを示しています。50以上の数値は、否定的な回答よりも肯定的な回答の方が多いことを反映しています。この改善は主に、ポジティブなセンチメントの増加ではなく、完全にネガティブなセンチメントの減少によってもたらされました。


中国で事業を展開する多国籍企業に影響を与えるリスクのトップについて尋ねたところ、CEOの61%が中国経済の減速を挙げ、地政学的緊張(55%)、現地の競争激化による価格下落圧力(48%)が続きました。経済、市場、政策の状況が好転するまで投資を控えている(35%)と回答したCEOはかなりの割合を占める一方、58%は今後2年間で投資および/または事業が中国からインドにシフトすると予想しています。


市場、経済、規制、地政学的要因が、中国の新たな競争現実をもたらし、中国でのビジネスチャンスとその捉え方に関する旧来の概念に挑戦しています」と、The Conference Board China Center for Business and Economicsのリーダー、Alfredo Montufar Helu氏は述べました。「消費は依然として低迷しており、現地企業は市場シェアをめぐって熾烈な争いを繰り広げています。同時に、地政学的な緊張から、グローバルサプライチェーンの重要なリンクとしての中国の地位が見直されつつあります。」


報告書のその他のハイライトは以下の通り:


経営状況


好意的な見方にはほとんど勢いがありませんが、否定的な見方をするCEOはかなり減少しています。


  • 現在の状況が半年前より良いと答えたCEOの割合は35%で、2023年下半期の31%から上昇したが、それでも2023年上半期の88%からは大幅に低下しました。
  • 現在の状況が悪化していると回答したCEOの割合は、2023年下半期の39%から2024年上半期には23%に減少しました。
  • CEOの52%が、今後6ヵ月間の状況は緩やかに改善すると予想しており、2023年下半期の51%からほぼ横ばいでした。
  • 近い将来に景況が悪化すると予想するCEOはわずか13%で、2023年下半期の23%から顕著に改善しました。

売上、投資、雇用


売上高と投資の見通しは改善したが、雇用意欲はさらにマイナス圏に落ち込みました。


  • CEOの過半数(55%)が、今後6ヵ月間の中国での売上高は増加し、10%が緩やかに減少、35%が横ばいを予想しています。これは、2023年下半期と比較すると、それぞれ46%、17%、37%となります。
  • 2023年下半期と比べ、今後6ヵ月間の設備投資が増加すると予想するCEOは減少した(19%対24%)が、投資が減少すると予想する割合は40%から23%に減少しました。
  • CEOのほぼ3分の1(32%)が、今後6カ月間に従業員数を削減すると見込んでいます(2023年下半期は37%)。従業員数が増加すると予想するのはわずか6%です。

地政学的リスクのリスク回避


中国とEU、中国と米国の関係に悲観的な見方が広がる中、CEOはリスク回避に目を向けています。


  • CEOの35%は中国とヨーロッパの関係が悪化すると考えており、55%は今後3年間で中国とアメリカの関係が悪化すると考えています。
  • 中国とロシアとの関係(欧州との関係では81%、米国との関係では65%)、工業生産能力の過剰(それぞれ77%、65%)、中国からのリスク排除(両地域との関係では68%)、これらすべてが重要な摩擦点とみなされています。
  • CEOSの71%は中国ビジネスのリスク回避のために「in China for China」活動を拡大しており、29%は回復力を確保するために中国国外で能力を確立していると回答しています。
  • 58%は、今後2年間で投資や事業が中国からインドにシフトすると予想しています。また、東南アジア(48%)や北米(42%)にも投資や事業がシフトすると見ている企業もかなりの割合を占めています。

The Conference Boardについて


The Conference Boardは、会員制のシンクタンクで、Trusted Insights for What's Ahead™を提供しています。1916年に設立され、米国では501 (c) (3)の免税ステータスを持つ超党派の非営利団体です。 www.ConferenceBoard.org 


ロゴ - https://mma.prnasia.com/media2/624268/The_Conference_Board_Logo.jpg?p=medium600