acrofan

産業 経済 技術 ゲーム
社会 生活 自動車 メディア

エナジー・ボールト、中国初のEVx 100MWh重力式エネルギー貯蔵システムの中国国営電力網への相互接続、EVx重力式エネルギー貯蔵システム3基の追加建設、その他中国市場拡大マイルストーンを発表

  • 2024-03-01 06:48
  • ACROFAN=Business Wire
  • info@businesswire.com

如東県の25 MW/100 MWh EVxシステムは予定通り2023年12月に国営電力網に完全に相互接続され、本格的な試運転、逆電力運用、国営電力網による運用が可能に


2023年第2四半期に着工した甘粛省張掖市の2番目のEVxシステム、基礎工事と地上4階の初期工事が完了


如東県と張掖市のEVx重力蓄電システムが共に中国の国家能源局(NEA)による「新エネルギー貯蔵パイロット実証プロジェクト」に指定・認定され、先月正式発表


如東県のEVxとの合計で、発表されていたエナジー・ボールトのEVx重力式エネルギー貯蔵システム(GESS)の総量3.7GWhのうちの468MWh分が現在、世界最大かつ最も急速に成長しているエネルギー貯蔵市場である中国で建設中


17MW/68MWhのEVx(甘粛省張掖市)、50MW/200MWhのEVx(甘粛省酒泉市金塔県)、25MW/100MWhのEVx(河北省張家口市懐来県存瑞鎮)の建設を2023年に開始


現在、中国で9基、合計3.7GWhのEVx GESSの展開が進行中で、システムの完成、試運転の開始に伴い、将来的にはエナジー・ボールトに対してそれぞれの事業収益からロイヤリティ収入が見込まれる


カリフォルニア州ウェストレイクビレッジ--(BUSINESS WIRE)--(ビジネスワイヤ) --持続可能なグリッドスケールエネルギー貯蔵ソリューションをリードする企業、エナジー・ボールト・ホールディングス(NYSE:NRGV)(以下「エナジー・ボールト」または「当社」)は本日、2023年12月に如東県のEVxシステムの中国国家送電網との相互接続と逆電力運用が実現した一方で、中国国内でさらに3基のグリッドスケールEVx™重力式エネルギー貯蔵システム(GESS)の展開に着工したことを確認しました。エナジー・ボールトのパートナーである中国天楹(CNTY)とアトラス・リニューアブルは現在、中国で9基、合計3.7GWhのEVx GESSを展開しており、将来的にはエナジー・ボールトに対してそれぞれの事業からロイヤリティ収入がもたらされることになります。






2023年、エナジー・ボールトのパートナーであるCNTYとアトラス・リニューアブルは、複数の新規EVx事業に着工し、現地で正式発表を行いました。これらの事業はすべて、エナジー・ボールトのウェブサイトの「投資家」タブから確認することができます。17MW/68MWhのEVx GESS事業は甘粛省張掖市で展開されており、再生可能エネルギー発電所と国家送電網相互接続所に隣接する立地です。50MW/200MWhのEVxは甘粛省酒泉市金塔県に置かれ、25MW/100MWhのEVxは河北省張家口市懐来県存瑞鎮で展開されています。後者の2事業については、中国で展開されている他の4事業と共にすでに発表済みで、再生可能エネルギー発電所と国家送電網の相互接続所に隣接して建設されています。完成後は、このシステムが再生可能エネルギーの貯蔵と供給を通じて、中国の国家送電網の継続的なバランス確保を強化・サポートしていくことになります。


エナジー・ボールトの重力式エネルギー貯蔵技術の採用が中国の国家エネルギー政策の枠組みの中で広がりつつあることの証として、如東県と張掖市のEVxシステムが最近、中国国家能源局(NEA)による「新エネルギー貯蔵パイロット実証プロジェクト」に分類される事業の中に今年1月に選定され、正式に発表されました。実証パイロットに選定されたプロジェクトは、省レベルのエネルギー当局による管理監督強化の対象となり、建設、データ報告、コンプライアンス、安全対策などの重点課題に関する進捗のサポートを受ける調整が可能になるというメリットがあります。今回の認定は、再生可能エネルギー源に対する需要の急拡大を浮き彫りにしており、世界の中でも特に中国の脱炭素化という重要な任務において重力式エネルギー貯蔵が不可欠な役割を担っていることを強調しています。中国のエネルギー政策では現在、再生可能エネルギー発電所は銘板発電容量の20%の蓄電の持続時間を少なくとも2~4時間で統一する必要があります。こうしたエネルギーの貯蔵期間は、グリッド電力に占める再生可能エネルギー発電の割合が大きくなるにつれて、次第に長くなると予想されます。


世界最大のエネルギー貯蔵市場であり、エネルギー貯蔵に関する国家エネルギー政策の枠組みの中で新規事業の画期的な発表やその他のマイルストーンによって支えられている中国において、エナジー・ボールトの重力式エネルギー貯蔵技術の市場導入が進んでいることを嬉しく思います」とエナジー・ボールトの会長兼最高経営責任者のロバート・ピコニは述べています。「今後数週間から数か月にかけて、試運転や新規プロジェクトの活動が急ピッチで進んでいきますが、さらなる実績や事業の進展についてお伝えできることを楽しみにしています」


エナジー・ボールトの最高技術責任者のアンドレア・ペドレッティは次のように話しています。「如東県のEVx施設で数日過ごしただけですが、CNTYとそのパートナーから寄せられる現地に関する技術、研究開発、建設の専門知識には感心するばかりです。あらゆる機械システムを対象とする社内や現地の製造能力もそうですが、当社のEVxと、より広い意味で重力式エネルギー貯蔵技術を中国国内で迅速に展開するための素晴らしいパートナーを得たと思っています」


2023年後半に如東県で25MW/100MWhのEVx GESSの試運転を開始し、すでに発表されていた通りに2023年9月にグリッド相互接続のプロセスを開始した後、昨年後半の地元政府の送電網当局との計画通り、当システムは2023年9月に既存のリモートエンド変電所までの最後の4kmの35kV架空送電線の敷設を完了し、2023年12月に前述の通り送電網への完全相互接続を達成しました。国家送電網との正式な相互接続が昨年12月に実現したのに先立ち、構造物のキャッピングはそれ以前の2023年10月15日に無事に完了し、同施設の竣工を迎えています。


国家送電網への商業運転を開始するための省および国家からの最終的な認可が下りた場合、如東県のEVxは世界初の実用規模の商用非揚水式重力蓄電システムとなります。如東県のEVxの展開に関する最新の詳細情報は、3月12日(火)に発表予定のエナジー・ボールトの第4四半期および2023年通期の決算報告の中にも掲載される予定です。


エナジー・ボールトについて


エナジー・ボールト(Energy Vault®)は、持続可能なエネルギー貯蔵に対する世界のアプローチを変革すべく設計された、実用規模の蓄電ソリューションを開発・展開しています。当社の包括的な製品には、専売の重力式蓄電、バッテリー蓄電、グリーン水素蓄電技術などがあります。どの貯蔵ソリューションも、ハードウェア技術に依存しないエネルギー管理システム・ソフトウエアと統合プラットフォームによってサポートされています。業界唯一の要素としては、エナジー・ボールトの革新的な技術ポートフォリオは、カスタマイズされた短期・長期の蓄電ソリューションを提供し、電力会社、独立系発電事業者、大規模な産業用エネルギーユーザーが電力の信頼性を損なうことなく、平準化エネルギーコストを大幅に削減できるよう支援することが挙げられます。エナジー・ボールトが提供するEVx重力蓄電技術は、廃棄物を統合して有効に再利用することができる環境に優しい材料を使用し、循環型経済への移行を促進し、お客様の世界的なクリーンエネルギーへの移行を加速します。詳しくは、www.energyvault.comをご覧ください。


将来の見通しに関する記述


本プレスリリースには、当社の事業および財務実績などに関する当社の現在の見解を反映した、将来の見通しに関する記述が含まれています。将来の見通しに関する記述には、当社の事業計画や戦略に関する記述を含め、将来起こりうる、または想定される業績に関する情報が含まれます。これらの記述には、しばしば「予想する(anticipate)」「期待する(expect)」「示唆する(suggest)」「計画する(plan)」「信じる(believe)」「意図する(intend)」「企画する(project)」「予測する(forecast)」「見積もり(estimates)」「目標(targets)」「予測(projections)」「はずである(should)」「可能性がある(could)」「だろう(would)」「かもしれない(may、might)」「だろう(will)」、その他類似の表現が含まれます。これらの将来の見通しに関する記述または予測は、当業界における当社の経験および、過去の傾向、現在の状況、将来予想される展開に加え、その時点の状況下で適切と考えられるその他の要因に関する当社の認識に照らしてなされた、当社の現在の想定、計画、仮定に基づいています。これらの将来の見通しに関する記述は、現在入手可能な情報を考慮した上で、将来の業績に関する当社の確信、仮定、予想に基づいています。これらの将来の見通しに関する記述は、将来の出来事に関する当社の現在の見込みおよび計画に基づく予測に過ぎません。これらの将来の見通しに関する記述には、当社の実際の結果、活動レベル、業績または達成が、将来の見通しに関する記述によって明示または暗示される結果、活動レベル、業績または達成と大きく異なるものとなる可能性のある重大なリスクおよび不確実性が含まれています。そのようなリスクや不確実性には次のようなものがありますが、これらに限られません。当社の戦略、拡大計画、顧客機会、将来の事業、将来の財務状況、推定収益および損失、予測コスト、見通しおよび計画の変更/当社の受注予約および受注残高が将来の収益に相当するかどうかの不確実性/拘束力のない意向表明書およびその他の意思表示が拘束力のある受注または販売につながるという保証の欠如/当社製品に欠陥がある可能性、または欠陥があるとされる可能性やその他の故障/当社のビジネスモデルと成長戦略の実施、市場受容、成功/当社がブランドと評判を開発・維持する能力/当社事業、競合他社、業界に関する動向と予測/サプライヤーが当社の蓄電システム建設に必要な部品や原材料を適時に納入できること/健康に関わる病気の流行が当社の事業に及ぼす影響とそれに対して当社が取る可能性のある措置/知的財産権の保護を取得・維持し、他者の権利を侵害しない能力に関する当社の想定/当社がJOBS法に基づく新興成長企業の立場にいる期間に関する想定/当社の将来的な必要資本および現金の源泉と使用/当社の事業および将来の成長のための資金調達能力/当社の事業、事業拡大の計画と機会、2023年9月30日に終了した四半期に関するForm 10-Q四半期報告書および2022年12月31日に終了した年度に関するForm 10-K年次報告書の見出し「リスク要因」で説明されているその他の重要な要因。これらの要因は、米国証券取引委員会(SEC)に提出された他の書類にて随時更新される可能性があり、SECのウェブサイトwww.sec.govで閲覧できます。新たなリスクは随時発生するものであり、当社の経営陣がすべてのリスクを予測することは不可能であり、また、すべての要因が当社の事業に与える影響や、何らかの要因または要因の組み合わせが、当社の将来の見通しに関する記述に含まれるものと実際の結果を大きく異なるものにする可能性の程度を評価することもできません。本プレスリリースで当社が作成した将来の見通しに関する記述は、本プレスリリースの日付時点のものであり、本プレスリリースに含まれる注意書きにより、全体が明示的に制限されています。当社は、新たな情報、将来の展開、またはその他の事象にかかわらず、適用される法律で義務付けられている場合を除き、将来予想に関する記述を公に更新または見直す義務を負いません。当社の将来の見通しに関する記述を過度に信頼しないようご注意ください。


本記者発表文の公式バージョンはオリジナル言語版です。翻訳言語版は、読者の便宜を図る目的で提供されたものであり、法的効力を持ちません。翻訳言語版を資料としてご利用になる際には、法的効力を有する唯一のバージョンであるオリジナル言語版と照らし合わせて頂くようお願い致します。



Contacts

Energy Vault:


Investors:
energyvaultIR@icrinc.com


Media:
media@energyvault.com