acrofan

産業 経済 技術 ゲーム
社会 生活 自動車 メディア

映画『ポトフ 美食家と料理人』場面写真解禁!ジュリエット・ビノシュ、20年ぶりに”元パートナー”ブノワ・マジメルと共演

  • 2023-11-10 13:45
  • ACROFAN=Newswire
  • newswire@acrofan.com
この度、第76回カンヌ国際映画祭〈最優秀監督賞〉を受賞した、名匠トラン・アン・ユンが描く、愛と人生を味わう感動の物語『ポトフ 美食家と料理人』が、12/15(金)よりBunkamuraル・シネマ 渋谷宮下、シネスイッチ銀座、新宿武蔵野館ほか全国順次公開が決定いたしました。

公開に先立ち、フランスが誇る名優ふたり、ジュリエット・ビノシュ演じる天才料理人と、ブノワ・マジメル演じる美食家の、愛と喜びに溢れる場面写真を解禁いたします。

 
19 世紀末、フランス。“ベル・エポック時代”では新たな文化が繁栄し”美食”もまた芸術のひとつとして追求された。森の中に佇む美しいシャトーに暮らす有名な美食家ドダン(ブノワ・マジメル)と、天才料理人ウージェニー(ジュリエット・ビノシュ)は究極のメニューを次々と作り出す。長い間、深い絆と信頼で結ばれてきたふたりであったが、プロとして自立すると共に自由を尊ぶウージェニーは、ドダンの求婚を断り続けてきた。そこでドダンは人生初の挑戦として、全て自分の手でつくる渾身の料理を最後のプロポーズとしてふるまうが・・・。そんなふたりの長年の愛と喜びに溢れる場面写真や、厨房での料理シーン、そして三つ星シェフピエール・ガニェールが完全監修した料理の写真が一部公開された。

0年ぶりに叶った元パートナーでの共演。
ジュリエット・ビノシュの不安に反して、ブノワ・マジメルはオファーを快諾!
トラン監督「ビノシュは最初からプロジェクトに関わっていた」「撮影現場はとてもよい雰囲気」

先日行われた東京国際映画祭のマスタークラス(10/24実施)において、トラン・アン・ユン監督はふたりの起用のきっかけについて尋ねられ、「ジュリエット・ビノシュは昔からの知人。エージェントが同じなため、早い時期に今回の映画を作ろうとしていると話は彼女の耳に入っており、最初からプロジェクトに関わってくれた人です。一緒にやろうねという約束もしていました。ブノワ・マジメルの方は、どちらかというと後半に合流してくれた感じです。ジュリエットとブノワはパートナーとして子供も授かったが、20年前に別れて以来、一度も共演する機会を持っていません。私のブノワを出したいというアイデアに関しては、「ひょっとしたらブノワは受けてくれないのではないかしら」と、ジュリエットはちょっと不安に思っていたようですが、私自身がブノワにオファーをするとブノワは即快諾をしてくれました。しかも撮影現場ではとてもよい雰囲気がふたりの間に流れていました。本当に意外なような、びっくりするような雰囲気が現場では流れていたのです。」と共演の経緯と現場の雰囲気について振り返った。