acrofan

産業 経済 技術 ゲーム
社会 生活 自動車 メディア

OMDIA:2022年、BOEが小・中AMOLEDの出荷市場シェアで増加したもののSamsungがリード

  • 2023-03-29 08:00
  • ACROFAN=PRNasia
  • hkcs@prnasia.com

ロンドン, 2023年3月29日 /PRNewswire/ -- Omdiaの最新の小・中ディスプレイマーケットトラッカーによる新しいリサーチによると、2022年、Samsungは小・中サイズのAMOLED市場シェアにおいて全市場の56%でトップの座を維持、BOEは12%と、徐々に迫っています 


2022 market share of small medium AMOLED by shipment
2022 market share of small medium AMOLED by shipment

2022年の小・中サイズ(9インチ以下)のAMOLEDの総出荷数は7億6200万であり、世界的なインフレに続くスマートフォン需要の冷え込みのため、前年比で6%減少しました。


AMOLED市場のトップメーカーであるSamsungは2022年、4億2900万の出荷数でトップを維持しましたが、市場シェアは2021年の61%から2022年の56%へと減少しました。LGディスプレイは、2011年は10%のシェアで2位であり、2022年は11%でした。


しかし、BOEは2022年にLGディスプレイを追い越し、12%のシェアで出荷数をさらに増加させて2位となりました。新たなAMOLEDメーカーであるVisionoxとEverdisplayは、中国最大のAMOLEDメーカーで4位と5位となり、順調に出荷数を伸ばしており、トップの韓国メーカーとのギャップを縮めています。


Omdiaのディスプレイ・リサーチプラクティスリサーチマネージャーの早瀬宏氏は、次のように述べました。「AMOLEDの出荷シェアの差はSamsungと比べると依然として大きいものの、BOEはiPhone 12用にAppleからのフレキシブルLTPS-AMOLEDの注文で成功し、技術力を大きく向上させました。BOEは今後数年において、小・中AMOLED市場でSamsungとの出荷数の差を徐々に縮めると思われます。」


AMOLED市場は、低消費電力のためにLTPO技術に目を向けています。Samsungは、LTPO-AMOLEDの量産能力を増加させ、プレミアムクラスのスマートフォンの注文を確保しています。反対に、従来のLTPS技術を習得したBOEとその他の中国のディスプレイメーカーは、同地域における中国のスマートフォンブランド製のミッドレンジのスマートフォン用LTPS-AMOLEDの出荷を伸ばし始めています。


「韓国のAMOLED市場は、技術的優位性を維持し、中国のAMOLED市場はAMOLEDの価格を下げますが、TFT液晶の需要を置き換えることで、中国のスマートフォンブランド製のミッドレンジのスマートフォンへのAMOLEDの出荷を伸ばします。しかし、将来中国のAMOLEDメーカーが出荷数を伸ばす余地はまだあります」と早瀬氏は結論付けています。


OMDIAについて


Informa Tech傘下のOmdiaは、テクノロジー調査・アドバイザリーグループである。同社はテクノロジー市場に関する深い知識と実用的な洞察を組み合わせ、企業がスマートな成長の意思決定を下すことを支援する。より詳しい情報はwww.omdia.com を参照のこと。


▽メディア問い合わせ先
Fasiha Khan
T: +44 7503 666806
E: fasiha.khan@omdia.com


写真 - https://mma.prnasia.com/media2/2038536/2022_market_share_of_small_medium_AMOLED_by_shipment.jpg?p=medium600