acrofan

産業 経済 技術 ゲーム
社会 生活 自動車 メディア

AIベースの英語学習アプリWordUpがファンタジーチャットを導入

  • 2023-03-24 18:34
  • ACROFAN=PRNasia
  • hkcs@prnasia.com

ロンドン, 2023年3月23日 /PRNewswire/ -- 15億人以上の人が第二言語として英語を話しています。 英語が人と機会をつなぐグローバル化された世界で、彼らはネイティブスピーカーに比べて不利な立場にいます。


WordUp Chat - AI Celebrities
WordUp Chat - AI Celebrities

WordUp のビジョンは、そのハンデをなくすことです。 WordUpは、数百万人が利用するAIベースの英語学習アプリで、シンプルながら目新しいコアアイデアにあふれています。


英語には20万単語ありますが、その95%を耳にすることはないでしょう。 完璧な語彙力には5%で十分です。 しかし、その5%は人それぞれの生活、専門分野、趣味によって異なります。 WordUpは、ユーザーにとって重要な単語を正確に見つけ出し、重要度(使用頻度)ごとに分類し、学習時間に対して最大限の価値を提供します。


ファンタジーチャット(Fantasy Chat


2023年3月17日時点の最新リリースでは、アイドル、有名人政治家のAIとあらゆる話題について話すことができるようになりました。プラットフォームには10,000人以上の有名人が用意されています。 これは、楽しみながら英語を練習して、語彙力を増やせる素晴らしい方法です。


この革新的なAIの使用事例から、生成系AIがどのように教育を再定義しているのか、うかがい知ることができます。


「アクティブボキャブラリー」の課題


WordUpはすでに「ナレッジマップ」のコンセプトでよく知られています。これは、ユーザーが既存の語彙の知識を「デジタルツイン」に登録していくと、パーソナライズされた学習が可能になるというものです。 このアプローチを豊かなビジュアル学習コンテンツと融合させ、WordUpは世界中で数百万人の人々が利用する有名な語彙力強化アプリとなりました。


しかし、課題がありました。 他のアプリのように、アクティブボキャブラリーではなく、パッシブボキャブラリーの学習になり、ユーザーはその単語に出会った時に意味を理解できても、実際の会話で必ずしもその単語を思い出せるわけではなく、自然に使いこなすことができませんでした。 パッシブからアクティブボキャブラリーに変えるには、練習や能動的な使用が必要になります。 そこで、新しいファンタジーチャット(Fantasy Chat)機能がその問題を解決します。


創設者について


WordUpを制作したのは、連続起業家のPaymon Khamooshi氏とSomayeh Aghnia氏です。 2004年に学生としてイランから英国に移住した彼らは、英語の語彙学習の問題を実際に経験しました。


2007年、彼らはギークス(Geeks Ltd.)(ソフトウェアビジネス、ロンドン)を設立し、500人以上の人たちに雇用を創出して、英国女王賞イノベーション部門など、複数の産業賞を受賞しました。


最初はギークスの実験的なプロジェクトだったWordUpは成長して、慈善かつインパクト志向の目標を持つ独立した企業になりました。


https://wordupapp.co


連絡先:press@wordupapp.co


写真 - https://mma.prnasia.com/media2/2037619/WordUp.jpg?p=medium600