acrofan

産業 経済 技術 ゲーム
社会 生活 自動車 メディア

The Westin Grand Ballroom and Convention CenterでMICEイベントを開催する7つの理由

  • 2023-03-24 14:01
  • ACROFAN=PRNasia
  • hkcs@prnasia.com

スラバヤ、インドネシア、2023年3月24日 /PRNewswire/ --ビジネスミーティングは疲れるもの、退屈なもの、「リラックス」や「楽しい」とは対極のものでなければならないと誰がそう決めたでしょうか。ウェスティン・スラバヤ(The Westin Surabaya)が運営するウェスティン・グランド・ボールルーム&コンベンションセンター(The Westin Grand Ballroom & Convention Center)は、MICE体験のために独自のサービスを提供します。ウェスティン グランド ボールルーム&コンベンションセンターは、9,000平方メートルの柱のないグランドボールルーム、12の会議室と多目的ルーム、3つのVIPルーム、会議室、ビジネスセンター、柔軟なプレファンクションエリア複数備えた東ジャワ最大のボールルームとして、国際会議、コンサート、ビッグウエディング、展示などを行う人気の会場の一つとなっています。 しかし、最大規模であることはさておき、この会場が他の会場と際立って差別化される点は何でしょうか。 ウェスティン・グランド・ボールルーム&コンベンションセンターがスラバヤのMICE会場として注目されている理由は何でしょうか。 ここでは、あなたが次のイベントの予約を検討すべき7つのハイライトを紹介します。


インドネシア、東ジャワ最大のボールルーム、ウェスティン・グランド・ボールルーム&コンベンションセンター。
インドネシア、東ジャワ最大のボールルーム、ウェスティン・グランド・ボールルーム&コンベンションセンター。


1. ウェスティンブランドであること。


マリオット・インターナショナルのホテルブランドの一つであるウェスティンは、ウェルビーイングステイというコンセプトを強く掲げており、世界中でウェルビーイングの6つの柱を実践しており、それがあらゆるサービスを行う際の指針となっています。 ウェスティンの6つの柱とは、「よく働き(Work Well)、よく動き(Move Well)、よく食べ(Eat Well)、よく感じ(Feel Well)、よく遊び(Play Well)、よく眠る(Sleep Well」です。このウェルネスの考え方は、ウェスティンを他のホテルとは一線を画す存在にしており、特にスラバヤでは、ウェスティン・スラバヤは、サービスの本質すべてにおいてウェルネスに主眼を置く唯一のホテルとなっています。 従業員はマインドセットを持ち、ゲスト一人ひとりにとってパーソナルで直感的、かつ刷新的な商品とサービスを提供するよう訓練されています。


2.よく働く:不安のない会議が最大の目的です。


ウェスティン・グランド・ボールルーム&コンベンションセンターは、「よく働く」というブランド・ウェルビーイングの柱のもと、不安のない会議のための基準をいくつか設定しました。 会議テーブルの設置から始まり、会議に必要なものだけを置き、過剰なサービスや装飾を施さないことで、会議参加者が余計なことに気を取られず、ミーティングそのものに集中できるようにしています。 複数の視覚刺激が注意を引きつける場合、集中することが難しくなるということを示す証拠があります。 そのため、ウェスティン・グランド・ボールルーム&コンベンションセンターでは、会議設備を効率的に、そしてできるだけ整然と設置しました。


また、ウェスティン・ミーティング・イベントチームが、会議の準備から終了までサポートする点でも安心のミーティングサービスです。最後に、会議を成功させるためには、サポートツールが非常に重要です。 ウェスティン グランドボールルーム&コンベンションセンターには、LED、LCD、音響システム、プロジェクターなどの最新鋭の会議ツールやテクノロジーが備わっており、ゲストが簡単にリクエストできるカスタマイズ可能なツールもあります。 仕事に追われることもありますが、会議がそうである必要はありません。


3.よく動く:ストレッチで生産性を高める。


ウェスティン・スラバヤでは、スポーツプログラム「RunWESTIN(ランウェスティン)」を導入しており、出張先でも、外出先でも、気軽に運動習慣を維持することができます。 RunWESTINでは、ランコンシェルジュ(RunConcierge,)と呼ばれる専門チームのガイドのもと、ゲストに短いランニングセッションを受けていただき、距離やコースを選んで東スラバヤ近隣のランニングを楽しんでいただいています。 ウェスティンホテル6階には、ウェスティンオリンピック屋外プール(Westin Olympic Outdoor Pool)や、TRX. BalaやHypericeなどの最新ワークアウト機器を備えた24時間無料のジムセンター、ウェスティンワークアウト・フィットネススタジオ(WestinWORKOUT Fitness Studio)があり、ランニングが苦手な方にもおすすめです。ウェスティン・スラバヤに滞在するビジネストラベラーは、無料開放を利用し、高い仕事の生産性をより長く維持するためのストレッチを楽しむことができます。


4.よく食べる:健康にこだわったメニューをキュレーションして提供しています。


会議の開催に心配がないのはもちろんですが、「罪悪感がない」ことも、会議の議題として重要です。 ウェスティンホテル・スラバヤでは、ウェスティンホテル・カリナリーチームによるヘルシーで美味しいお食事とお飲み物で構成されるイートウェルメニュー(Eat Well Menu)をご用意しています。 専門家は、栄養価の高い主要な食品を食べることで、会議中に活力を感じ、集中し、落ち着いて取り組むことができる可能性があるとしています。 食事以外にも、ウェスティンにはフレッシュジュース「Fresh by The Juicery(フレッシュ・バイ・ザ・ジューサリー)」が用意されており、オレンジ、ドラゴンフルーツ、ハニーデューメロンなど、元気の出るフルーツもキュレーションされているのが特徴的です。これら看板メニューは、会議室でのコーヒーブレークや、スカイロビー(Sky Lobby)にある受賞歴のあるレストラン「マグノリアレストラン(Magnolia Restaurant)」でのビジネスランチやディナーとして提供することができます。


5.よく感じる:嵐のあとの静けさ。


ウェスティン・スラバヤの最新スパ「スパ・バイ・ロクシタン(Spa by L'Occitane)」のスパトリートメントで、仕事の後の緊張やストレスを解消してください。 会議室から6階へ上がると、プールサイドにフランス発のラグジュアリーなスパがあります。 スパ・バイ・ロクシタンが特別な理由は、ロクシタンであること以外に、パーソナライズされたトリートメントを提供していること。この点においては、ウェスティンと共通するものがあります。 アロマセラピーの香りに包まれたストレスフリーな空間で、心を落ち着かせる歓迎の儀(Welcome Ritual)に始まり、ゲストのニーズに合わせてデザインされたパーソナライズドトリートメントをご体験いただけます。 フォームにご記入いただくと、ウェルネスエキスパートがゲストのニーズに合ったロクシタン製品およびトリートメントをご提案します。 長時間の会議の後、落ち着いたマッサージで癒されるのは最高ではないでしょうか。


6.よく遊ぶ:チームワークを楽しむために、アクティビティを楽しむ


会議とは、座ってメモを取り、同僚のプレゼンを見ることがすべてではない場合もあります。 ウェスティン・スラバヤでは、インタラクティブな楽しいゲームやチームビルディング、さらには建物から離れて外に出るなど、楽しく魅力的な方法で話し合いを行うことができます。 ボールルームでのモーニングセミナーに続き、午後はウェスティンホテル&リゾートが運営するパクウォン・ゴルフ&ファミリークラブ(Pakuwon Golf & Family Club)でのゴルフ練習を楽しむというミーティングをアレンジしている団体もあります。 ゴルフ場は、ホテルからわずか2kmの高級住宅街に位置しているため、アクセスも容易です。 キックオフミーティング、グリーンミーティング、オープンエアディスカッションなど、ウェスティンミーティングチームによるミーティングアレンジでは、チームビルディング・アクティビティの選択肢は無限です。


7.よく眠る:新しい自分に出会う準備


出張は常に日程が詰まっており、出張者にとって安眠のための時間が自ずと限られていることを、ウェスティン・スラバヤは理解しています。 そのため、良質で効果的な睡眠が重要な役割を担っています。 8層構造のピロートップマットレス、糊の効いたシーツ、羽毛布団、プラッシュピローを用いて、安眠を追求して設計されたウェスティン・ヘブンリーベッド(Westin Heavenly Bed)を、ウェスティンの全室で提供しています。 また、睡眠に効果的な食材を厳選した「スリープウェルメニュー(Sleep Well Menu)」も提供しており、ルームサービスで24時間ご利用いただけます。 正しい食事によって睡眠の質に劇的な影響を与え、熟睡を促し、最終的には幸福感を高め、翌日を迎えることができるのです。


詳細およびミーティングに関するお問い合わせは、www.westinsurabaya.com、または+62 (031) 2971 0000までご連絡ください。 The Westin SurabayaのInstagramを@westinsurabayaで検索して、ぜひフォローしてください。


ウェスティンホテル & リゾート(Westin Hotels & Resorts)について


10年以上にわたり、ウェルネスにおけるホスピタリティのグローバルリーダーを務めるウェスティンホテル&リゾート(Westin Hotels & Resorts)は、ブランドの「ウェルビーイングの6つの柱: よく働き(Work Wel)、よく動き( Move Well)、よく食べ(Eat Well)、よく感じ(Feel Well)、よく遊び(Play Well)、よく眠る(Sleep Well)」を通じて、旅先での旅の厳しさを乗り越える力をゲストに提供します。 約40の国と地域にある225のホテルおよびリゾートでは、ブランドの象徴であり受賞歴もあるヘブンリーベッド(Heavenly Bed)、画期的なギアの貸出プログラム、ウェスティンワークアウト(WestinWORKOUT™)フィットネススタジオのTRXフィットネス機器、美味しくかつ栄養価の高いメニューなどのウェルネスサービスを体験できます。 Twitter、Instagram、Facebookでウェスティンとぜひ繋がってください。 ウェスティンは、マリオット・インターナショナル(Marriott International)が提供するグローバルな旅行プログラム「マリオット・ボンボイ(Marriott Bonvoy)」の一員であることを誇らしく思います。 このプログラムは会員の皆さまに、グローバルブランドの素晴らしいポートフォリオやマリオット・ボンボイ・モーメント(Marriott Bonvoy Moments)での限定体験、無料宿泊やエリートステータス認定などの圧倒的な特典を提供します。 無料登録、またはプログラムの詳細については、MarriottBonvoy.marriott.comをご覧ください。


マリオット・インターナショナルについて


マリオット・インターナショナル(Marriott International, Inc.、NASDAQ: MAR)米国メリーランド州ベセスダに本社を置き、132の国と地域にまたがる30の主要ブランドのもと、7,500以上の施設を展開しています。 マリオットは、世界中でホテルの運営やフランチャイズ、バケーション・オーナーシップ・リゾートのライセンス供与を行っています。 また同社では、高い評価を得ている旅行プログラム「マリオット・ボンボイ(Marriott Bonvoy™)」を提供しています。 詳細については、当社ウェブサイトwww.marriott.comを、最新の会社情報については、www.marriottnewscenter.com をご覧ください。 さらに、Facebook、Twitter、Instagram(@MarriottIntl)とぜひ繋がってください。www.marriott.com


メディア関係問い合わせ先: 


Tessa Zelyana Hidayat


ウェスティン・スラバヤおよびフォーポイント・バイ・シェラトン・スラバヤ、パクワン・インダ、コンプレックス・マーケティング・コミュニケーションマネージャー


電話番号:+6287839943773 | Eメール:tessa.hidayat@westin.com