acrofan

産業 経済 技術 ゲーム
社会 生活 自動車 メディア

オムディア(Omdia) 最も資金力のあるAIチップスタートアップは2023年に正念場を迎える

  • 2023-03-17 05:00
  • ACROFAN=PRNasia
  • hkcs@prnasia.com

ロンドン, 2023年3月17日 /PRNewswire/ -- オムディアの新しいTop AI Hardware Startups Market Radarによると、2018年以降、100以上のベンチャーキャピタル(VC)がトップ25の人工知能チップスタートアップに60億ドル以上を投資していることが明らかになりました。


しかし、2021年は例外的な年として記憶されるでしょうが、資金調達環境が変化していることは明らかです。 世界的なチップ不足から在庫危機への移行、金融政策の転換点、2022年の景気後退により、資金調達が難しくなっています。


「資金が潤沢にあるAIチップのスタートアップは、市場リーダーであるNVIDIAから開発者にとって慣れたソフトウェアサポートを提供する必要に迫られている 」とオムディアの先端コンピューティング担当主席アナリストのアレクサンダー・ハロウエル氏は指摘しています。 「これは、新しいAIチップ技術を市場に投入するための重要な点です」。


オムディアは、複数の大手スタートアップが今年、おそらく超大型のクラウドプロバイダーか大手チップメーカーに買収されるなどエグジットする可能性が高いと予想しています。 「最も可能性の高いエグジットは、大手ベンダーの買収でしょう」とハウウェル氏は語ります。 「Appleのバランスシートには230億ドル、Amazonには350億ドルの現金があり、Intel、NVIDIA、AMDはそれぞれ約100億ドルがあります。 ハイパースケーラーはカスタムAIシリコンの採用に非常に熱心で、それに関する能力を得る余裕があります」。


オムディアはまた、この期間のVC資金60億ドルの半分が、たった一つの技術、大型ダイ、CGRAアクセラレータに向けられていることを突き止めました。これはAIモデル全体をオンチップにロードする目的で設計されています。 しかし、AIモデルの継続的な成長を考えると、このアプローチには疑問があります。


「2018年と2019年には、モデル全体をオンチップメモリに搭載するアプローチが極めて低いレイテンシを提供し、大規模なAIモデルの入出力問題に答えるものでした。 しかし、それ以降もモデルは劇的に成長し続け、スケーラビリティが重要な課題となっています。 モデルがより構造化され、内部が複雑になればなるほど、AIプロセッサはより汎用的なプログラマビリティを提供する必要があります。 このように、AIプロセッサーの未来は、これまでとは異なる方向にあるのかもしれません」とハローウェルは結論付けています。


▽OMDIAについて



Informa Tech傘下のOmdiaは、テクノロジー調査・アドバイザリーグループである。同社はテクノロジー市場に関する深い知識と実用的な洞察を組み合わせ、企業がスマートな成長の意思決定を下すことを支援する。より詳しい情報はwww.omdia.com を参照のこと。


▽メディア問い合わせ先



Fasiha Khan / T: +44 7503 666806 / E: fasiha.khan@omdia.com