acrofan

産業 経済 技術 ゲーム
社会 生活 自動車 メディア

成都クリエーティビティー・デザインウィークで日中韓代表が「クラウド会議」でアニメ協力を協議

  • 2020-11-10 15:35
  • ACROFAN=PRNewswire
  • mediainquiries@prnewswire.com

【成都(中国)2020年11月10日PR Newswire=共同通信JBN】第7回成都クリエーティビティー・デザインウィーク(Chengdu Creativity&Design Week)が2020年11月6日、開幕した。このクリエーティブなイベントは、工業、ファッション、空間、文化的観光、デジタル・クリエーティブ・デザインに重点を置き、アニメーションに代表されるデジタルな文化的クリエーティブな業界が目立った。


初めて成都クリエーティビティー・デザインウィークに参加するのは、日本アニメーション協会(Japan Animation Association)とその会員で、宣伝のため中国を訪れる。東京アニメアワード(Tokyo Animation Awards)代表のKuroda氏は長年にわたる受賞作品、選考プロセス、コンペティションの方法を紹介し、Chengdu Animation Companyにコンペティション参加を促した。
初めて成都クリエーティビティー・デザインウィークに参加するのは、日本アニメーション協会(Japan Animation Association)とその会員で、宣伝のため中国を訪れる。東京アニメアワード(Tokyo Animation Awards)代表のKuroda氏は長年にわたる受賞作品、選考プロセス、コンペティションの方法を紹介し、Chengdu Animation Companyにコンペティション参加を促した。


第7回成都クリエーティビティー・デザインウィーク開催中、中国と日本のアニメ制作者がリアルタイムのオンライン会議でアイデアを交換した。Chengdu Aierpingfang Culture Communication Co., Ltd.に代表される成都のアニメ企業は、中国のアニメ映画の制作と宣伝を日本のアニメ企業と共有し、成都アニメ業界のあふれんばかりの活力と創造性を示した。


初めて成都クリエーティビティー・デザインウィークに参加するのは、日本アニメーション協会(Japan Animation Association)とその会員で、宣伝のため中国を訪れる。東京アニメアワード(Tokyo Animation Awards)代表のKuroda氏は長年にわたる受賞作品、選考プロセス、コンペティションの方法を紹介し、Chengdu Animation Companyにコンペティション参加を促した。同氏は「成都のアニメ企業にとって、東京アニメアワードに参加して賞を獲得すれば、作品を直接日本で放映することができる。海外での影響力を拡大し、国際的な市場を切り開くのに格好のルートだ」と述べた。朝日新聞、日本アニメーション、ピコナ、ゴンゾなど、よく知られる日本のアニメ企業は、著作権に関する協力や制作における体験も共有した。また、Chengdu Animation EnterprisesとDigital Animation Institute of Chengdu Universityの学生は、日本のエピデミック収束後に日本での勉強や交流を計画している。


2020年に開催された別の日中韓の文化的芸術フェスティバルでは、韓国のPicto studio代表者のQuan Yuhe氏が人気の高い韓国アニメ「Penguin Polulu」を紹介した。


意見交換では、韓国の企業も地域の制約から決別し、国際市場に参入できるアニメ作品をさらに制作するために協力することを望んでいる。