acrofan

産業 経済 技術 ゲーム
社会 生活 自動車 メディア

マニュライフが2020年に従業員に「感謝デー」を付与 2021年にさらに5日間の有給休暇

  • 2020-05-27 14:25
  • ACROFAN=PRNewswire
  • mediainquiries@prnewswire.com

【トロント2020年5月27日PR Newswire=共同通信JBN】


*特に明記しない限りカナダ・ドル(C$)表記


*TSX/NYSE/PSE:MFC SEHK: 945


マニュライフ(Manulife)とジョン・ハンコック(John Hancock)は、3万5000人を超える従業員に対し、今年6月19日金曜日に「Thank You Day(感謝デー)」を設け、彼らが顧客にサービスを提供し、人々の意思決定を容易にし、より良い生活を送るのを支援するために尽くしたあらゆる努力に謝意を表する。さらに同社は、各従業員に対し来年、5日間の追加の有給休暇を提供し、定期的な休暇を奨励することにより福祉健康を支援し、従業員が現在の環境の下では取れなかったかもしれない有意義な休暇を取る機会を提供する。


Manulife
Manulife

 マニュライフのロイ・ゴリ最高経営責任者(CEO)は「当社従業員が示したコミットメントを大変誇りに思うとともに感謝している。これにはエネルギーと信じられないほどのスタミナが必要だった。多くのコミュニティーが再開のプロセスを開始するが、しばらくの間は、物事はわれわれが『ノーマル(正常)』と考えていた状態に戻らないかもしれないと想定するのが安全だ。従って、われわれは誰もが自分自身を大切にし、健康的な習慣を実践する必要があり、それにはプラグを抜いてリラックスする時間をとることも含まれる。われわれは今年6月19日金曜日に、グローバルチームとして一緒にそれを実行する方針だ」と述べた。


この追加の休暇とともに、マニュライフとジョン・ハンコックは今回のパンデミックにより直面する課題に対処するため、従業員とその家族の福祉を支援するためのさまざまな行動を取っている。同社は柔軟な業務の手配、追加の有給休暇、追加のバーチャルなメンタルヘルスリソースを提供している。


マニュライフは、COVID-19(新型コロナウイルス感染症)に対処する2500万ドルの寄付を行ったことを誇りに思っており、これは顧客の救済、従業員支援、コミュニティー支援などいくつかの重要な分野に焦点を当てたものである。


▽マニュライフについて
マニュライフ・ファイナンシャル・コーポレーション(Manulife Financial Corporation)は、人々が意思決定を容易に下して生活を良くすることを支援する有力な国際的な金融サービスグループである。同社はカナダのトロントにグローバル本社を置き、カナダ、アジア、欧州のオフィスではマニュライフとして、米国ではジョン・ハンコック(John Hancock)として事業展開している。同社は個人、グループ、機関向けに、金融アドバイス、保険をはじめ、財産管理と資産運用ソリューションを提供している。2019年末時点で、3万5000人を超える従業員、9万8000を超える販売代理店、数千の販売パートナーを擁し、約3000万の顧客にサービスを提供している。2020年3月31日時点で、同社は1兆2000億ドル(8000億米ドル)以上(8500億米ドル)の資産を管理・運用し、過去12カ月で304億ドルを顧客に支払った。当社の主要な事業展開は、アジア、カナダ、米国であり、155年以上にわたり顧客にサービスを提供してきた。同社はトロント、ニューヨーク、フィリピンの証券取引所で「MFC」、香港で「945」として取引されている。


▽問い合わせ先  メディア: Sean B. Pasternak, Manulife, 416-852-2745, Sean_pasternak@manulife.com; 投資家関係: Adrienne O'Neill, Manulife, 416-926-6997, adrienne_oneill@manulife.com 


Photo - https://mma.prnewswire.com/media/1172849/Manulife_Financial_Corporation_Manulife_Gives__Thank_You_Day__Of.jpg


 


Related Links :


https://www.manulife.com