acrofan

産業 経済 技術 ゲーム
社会 生活 自動車 メディア

「Say Hello to Life」が新たな「Embrace Nature」ミニシリーズでアースデイの50周年を祝う

  • 2020-04-23 16:15
  • ACROFAN=PRNewswire
  • mediainquiries@prnewswire.com

【北京2020年4月23日PR Newswire=共同通信JBN】


アースデイ(Earth Day)の50周年を祝うため、中国中央電視台(https://english.cctv.com/ )制作のヒットバラエティー番組「Say Hello to Life」は、中国的な思考の中で人間性や自然を探る一連のエピソードを紹介する。 


「Say Hello to Life」が新たな「Embrace Nature」ミニシリーズでアースデイの50周年を祝う
「Say Hello to Life」が新たな「Embrace Nature」ミニシリーズでアースデイの50周年を祝う

最新シリーズでは、竹が中心的な話題となる。人類は何世紀もの間、多くの芸術家、作曲家、詩人にインスピレーションを与えているこの常緑植物に親近感を抱いてきた。軽量だが耐久性のある竹は、家具から古代の武器まで、歴史を通して人々には生活の不可欠な要素のように見える。「Say Hello to Life」は視聴者を発見の旅に連れ出し、竹林が伝えたい隠れた哲学を発見するため、中国の竹の足跡をたどる。


竹の成熟速度は非常に遅いが、タケノコになる芽は、新しい稈(かん)の成長に劇的な役割を果たしている。タケノコは根付けば、毎日最高30センチメートルという驚異的な速度で成長することができ、世界で最も成長の速い植物の1つとなっている。


番組司会者の尼格買提氏は「竹の特徴を見ることは、自然界の魔法、そして人類の象徴を見ることである。竹のように困難を体験する中で私たちは傲慢な考えを捨てる。我慢強く、時間をかけて力を高める」と語った。


同氏は「これは私たちが視聴者と共にしている旅の本質だ。敬意をもって自然に近づくと、全てのものが輝かしくて美しく、全ての生き物が小さくて偉大であり、全てのものが賢くて素晴らしいということに気付き、自分たちの存在の深さを理解する」と語った。


同氏は「私たちと一緒に自然を受け入れ、また『森の外に』出るときに新しい世界を体験しよう」と付け加えた。


「Say Hello to Life」は毎週水曜日午後9時30分(GMT+8)にCCTV 3、CCTV.comで放送されている。


詳しい情報はhttps://www.facebook.com/cctvcom/ を参照。


番組の視聴は、YouTubeの再生リスト(https://www.youtube.com/playlist?list=PLyJ1nUfiitDgPlhlYzHsmbKb3450O_iJJ )を参照。


ソース:CCTV


Photo - https://photos.prnasia.com/prnh/20200422/2783727-1?lang=0 


画像添付リンク:


Link: https://asianetnews.net/view-attachment?attach-id=362352