acrofan

産業 経済 技術 ゲーム
社会 生活 自動車 メディア

本日発売!スタジオジブリ初4KUHD『君たちはどう生きるか』

  • 2024-07-03 23:09
  • ACROFAN=Newswire
  • newswire@acrofan.com
ウォルト・ディズニー・ジャパン(株)(本社:東京都港区)は、豪華キャストと最高峰のスタッフが集結し、2013年の『風立ちぬ』以来、約10年ぶりとなる宮崎駿監督の最新作『君たちはどう生きるか』を、本日2024年7月3日(水)にDVDを5,170円(税込)、ブルーレイを7,480円(税込)、そして、スタジオジブリ作品としては初となる4K UHDを11,880円(税込)で発売いたします!

※ブルーレイ、DVDは同日レンタル開始
※宮崎駿監督の崎はたつさき

奥井 敦氏(左)、古城 環氏

鈴木敏夫プロデューサーの”宣伝をしない宣伝“が人々の期待感を醸成させ、圧倒的な話題となって日本中を席巻し、2023年7月に劇場公開と共に大ヒットを記録。その後、第96回米国アカデミー賞(R)長編アニメーション映画部門賞、第77回英国アカデミー賞アニメーション映画賞、第81回ゴールデン・グローブ賞アニメーション映画賞など、日本アニメーション史上初の快挙として数々の映画賞を受賞した『君たちはどう生きるか』。日本国内だけでなく、北米では興行ランキング初登場No.1を獲得し、今年4月に劇場公開された中国でも大ヒット。世界中が注目する日本発の長編アニメーション映画としての記録を更新し続けているスタジオジブリの最新作『君たちはどう生きるか』が、いよいよ本日7月3日(水)にブルーレイとDVD、さらに、スタジオジブリ初となるドルビービジョン、ドルビーアトモスを採用した4K UHDで新登場します!

スタジオジブリ初の4K UHDとなる『君たちはどう生きるか』。この4K UHDの発売を記念し、制作に携わったスタジオジブリの撮影監督・奥井 敦氏とポストプロダクション担当の古城 環氏にインタビューを実施しました。長年、スタジオジブリ作品の制作に関わってきた2人は、パッケージ制作では映像関連を奥井氏、音響関連を古城氏が担当しています。劇場映画の制作担当者がパッケージ制作も一貫して担当する体制は珍しく、「制作現場でどういう問題が起きて、なんでこういう形になったかを全部分かっているので、品質保証が出来るのがスタジオジブリ作品の強みです」と強調しています。

スタジオジブリのパッケージ制作は、映画の完成後、最初の試写で宮崎監督が観た通りのものを再現することを目標としており、過去作のブルーレイ化の際にはジブリフィルターとも称されるフィルムの質感を意識した調整を行っていました。この度、スタジオジブリ作品としては初の4K UHDとなる『君たちはどう生きるか』でも、全編に渡り繊細な微調整を実施。冒頭の灯火管制下の夜の街や火事の様子など、宮崎駿監督の過去の作品に比べ暗い場面が多い点について奥井氏は、「HDRの特性でもある暗い部分と明るい部分の輝度の高さを利用し、暗闇の表現を作りこんだ」と語り、「DVD、ブルーレイ、4K UHDそれぞれでの良さで作品を楽しめるものとして制作しているが、4K UHDはブルーレイと同梱されているので、ぜひ見比べてその違いを確かめてほしい」と付け加えています。

※宮崎駿監督の崎はたつさき

また、音響を担当した古城氏は、「静かなシーンが多い中での音作りは空間表現を大切にして作り込んだ」と言い、さらに「映画館で見るのと同じように音に包まれているような環境で作品を楽しむことができると思う。手元に飲み物やポップコーンを用意して、一気に見てほしい」と語っています。

ファン垂涎の『君たちはどう生きるか』4K UHDは、ブルーレイの本編ディスクと2枚組、パッケージには宮崎駿監督が一番初めに描いた主人公・眞人のイメージボードと、青サギ/サギ男が描かれた第3弾ポスタービジュアルを採用。『君たちはどう生きるか』は4K UHDとブルーレイ、DVDで本日発売!