acrofan

産業 経済 技術 ゲーム
社会 生活 自動車 メディア

ユニルミンとファーウェイがMWC 2024でスマートポールサイト・ジョイント・ソリューションを共同発表

  • 2024-03-04 11:47
  • ACROFAN=PRNasia
  • hkcs@prnasia.com

【バルセロナ(スペイン)2024年3月4日PR Newswire】国際電気通信業界の主要な年次イベントであるMWC 2024で、ユニルミングループ(Unilumin Group Co., Ltd.、以下「ユニルミン」)は、ファーウェイ(Huawei、華為技術)と共同で、ICTによるスマートシティ変革を加速するSmart Pole Site Joint Solution(スマートポールサイト・ジョイント・ソリューション)を発表しました。


Smart Pole Site Joint Solution Launch Ceremony
Smart Pole Site Joint Solution Launch Ceremony


ユニルミン副社長のLarry Li博士は「Multiple Integration, Group Intelligence Collaboration, to Create Smart City Neuron(マルチインテグレーション、グループインテリジェンスの協働によるスマートシティニューロンの構築」と題されたオープニングスピーチを行いました。Larry Li氏、ファーウェイのデジタルサイト事業部門Eric He最高経営責任者(CEO)、およびファーウェイのデジタルサイト事業部門ソリューションディレクターであるCui Dongfeng氏が、Smart Pole Site Joint Solutionを共同発表しました。


LED業界の大手企業であるユニルミンは、5Gビッグデータ、超高解像度視覚化、多機能スマートポールなどのテクノロジーの先駆的な進歩に徹底的に取り組んできました。業界の専門家は、この共同イノベーションが都市のインテリジェンスとガバナンスを再定義することになると考えています。


ファーウェイのスマートポールサイト・ポートフォリオソリューションに基づいたこのソリューションは、セキュアで持続可能、インテリジェントで効率的な都市運営、都市ガバナンスの向上、包括的な都市センシング管理を重視するスマートシティの構築を促進するよう設計されています。


*セキュリティー:複数のサービスがステーションとネットワークを共有します。光学およびIPネットワークスライシング技術に基づいて、1つのファイバーを複数のネットワークに使用します。これにより、制御ネットワークなどのサービスネットワークへの統合アクセスが提供されます。装置の偽造を防止し、伝送の信頼性を確保するために、光回線終端装置(OLT)と光ネットワーク終端装置(ONU)の間で双方向認証が実行されます。ワイヤレスマイクロ波により、高帯域幅、低遅延、トレンチレスのケーブル配線が可能になり、単一サイトの建設コストを60%削減します。


*持続続可能性:スマート照明はエネルギーを節約します。通信(HPLC)、デジタル街路灯は、ケーブル配線不要で迅速にアップグレードできます。レーダーセンシングとインテリジェントエッジゲートウェーにより、自動のオンデマンド照明が可能になります。


*インテリジェンス:効率的なインシデント対応。このソリューションは、Huawei Cloud(ファーウェイ・クラウド)、アルゴリズムエコシステム、統合IoT管理、インテリジェントゲートウェーなどのポートフォリオを使用して、マルチシナリオ/マルチデバイスのアルゴリズム分析とインテリジェントなIoTセンシングの連携を実現します。これにより、インシデント対応が大幅に迅速化され、都市ガバナンスが合理化されます。


*効率性:自動運用とメンテナンス。このソリューションは、インテリジェントゲートウェー、HPLC通信モジュール、ワンストップアルゴリズム開発プラットフォームに基づいて、リモートでのリアルタイム障害検出と正確な障害位置特定をサポートし、O&Mコストを削減し、O&M効率を向上させます。


Smart Pole Site Joint Solutionは、スマートシティの構築における新たな画期的技術を意味するだけでなく、都市ガバナンスにおけるより効率的でインテリジェントな変革の先駆けでもあります。


詳細は、 https://www.unilumin.com/ をご覧ください。