acrofan

産業 経済 技術 ゲーム
社会 生活 自動車 メディア

ファーウェイが空港インテリジェンスを加速する2つのソリューションを発表

  • 2024-03-01 15:42
  • ACROFAN=PRNasia
  • hkcs@prnasia.com

【バルセロナ(スペイン)2024年3月1日PR Newswire】MWC Barcelona 2024で、ファーウェイ(Huawei、華為技術)は、世界の空港業界向けに2つの革新的なソリューション、Fully Connected Fiber Network(完全接続されたファイバーネットワーク)とPerimeter Security with Fiber Sensing(ファイバーセンシングによる境界警備)を発表しました。革新的な情報通信技術(ICT)を使用してインテリジェントな業界のアップグレードを支援することを目的としています。


世界では現在、スマート空港への投資が大幅に増加しています。航空業界がインフラストラクチャー投資から、デジタルでインテリジェントな構造を特徴とするスマートなアップグレードへと焦点を移す中、世界の空港も、優れた接続とともに、乗客にシームレスな旅行体験を提供することを追求しています。空港業界は、より信頼性の高いネットワーク、よりスマートで便利なアプリケーション、およびサービスの向上によってインテリジェントなアップグレードを加速しようとしています。


Moussa Huang, Director of Global Aviation Business, Huawei's Smart Transportation BU
Moussa Huang, Director of Global Aviation Business, Huawei's Smart Transportation BU


ファーウェイのスマート交通事業部門グローバル航空ビジネス担当ディレクターのMoussa Huang氏は「将来のスマート空港開発は長期的なプロセスです。ファーウェイのFully Connected Fiber Networkソリューションは、IP技術と光技術を統合して統合ネットワークを構築し、アクセスネットワークとバックボーンネットワークをより信頼性が高く、アジャイルで、簡素化され、環境に優しいものにします。このソリューションは、空港業界全体のインテリジェントアプリケーションに強力なネットワークサポートを提供します」と述べました。


Zhang Hao, Director of Optical Fiber Sensing for Enterprise Optical Network, Huawei
Zhang Hao, Director of Optical Fiber Sensing for Enterprise Optical Network, Huawei


イベント期間中、ファーウェイのエンタープライズ光ネットワーク向け光ファイバーセンシング担当ディレクターのZhang Hao氏は、スピーチの中で、飛行場の運営を守るために設置された空港の周辺は、飛行場を周囲から隔離する最初の安全障壁であると述べました。ファーウェイの革新的なPerimeter Security with Fiber Sensingソリューションによる境界警備は、分散型光ファイバーセンシングとビデオ解析を併用することで、多次元センシングと高精度を備えた空港境界警備システムを実現します。このソリューションは、アラームの見逃しや誤報率における技術的な障害に対処し、誤報を90%以上削減します。このソリューションは、空港周辺を保護するための真の信頼性を備えています。


今後もファーウェイは、顧客やパートナーと協力して空港業界のシナリオを徹底的に検討していきます。協力して、より多くのソリューションを開発し、ICTと業界シナリオを統合し、そのソリューションをインテリジェントなプロジェクトに広く適用して、インテリジェントな変革を促進します。


▽問い合わせ先
hwebgcomms@huawei.com