acrofan

産業 経済 技術 ゲーム
社会 生活 自動車 メディア

ファーウェイのデジタルファイナンス:インテリジェンス向上には強靭性の再定義が必要

  • 2024-03-01 13:40
  • ACROFAN=PRNasia
  • hkcs@prnasia.com

【バルセロナ(スペイン)2024年3月1日PR Newswire】ファーウェイ(Huawei、華為技術)は、MWC Barcelona 2024でDigital Finance Session(デジタルファイナンスセッション)を開催しました。ファーウェイ・デジタルファイナンス事業部門(BU)のJason Cao最高経営責任者(CEO)は、強靭性が全ての基礎であると強調し、インテリジェント時代におけるインフラの強靭性の構築方法について詳しく説明しました。


Jason Cao, CEO of Digital Finance BU, Huawei
Jason Cao, CEO of Digital Finance BU, Huawei


インテリジェンスを高めるのは強靭性です。デジタルの世界では、あらゆる変化が強靭性に新たな課題を突きつけます。ノンストップ・バンキングをより適切に実現するためには、強靭性を再定義して強化する必要があります。金融サービスのゼロダウンタイムと高い可用性を確保し、待ち時間ゼロのユーザー体験を提供、ゼロトラストのサービスとデータセキュリティーを確保しつつ、ゼロタッチ運用を実現し、最終的にはインテリジェンスの進歩を加速させるのです。


ゼロダウンタイム


ゼロダウンタイムを達成するため、ファーウェイはMASアーキテクチャをアップグレードしただけでなく、分散データベースの成功事例も提供してきました。さらに、ファーウェイは「GaussDB」と呼ばれる次世代分散データベースを開発し、28日、グローバルファイナンスに対し正式発表しました。高可用性、高セキュリティー、高性能、高インテリジェンス、高弾力性、簡単な導入、簡単な移行の7つの機能を備え、金融業界がゼロダウンタイムを目指す上で理想的な選択肢となっています。


ゼロタッチ


Huawei Autonomous Driving Networkは、1-3-5から0-1-3-5(「0」は「ヒューマンエラーゼロ」を意味します)に強化され、金融機関のゼロタッチ運用導入を支援しています。


Digital Mapは、Cloud-Map AlgorithmsとDigital Twinsをベースにアップグレードされた、最も重要な機能です。大規模AIモデルを活用し、ネットワーク、トラフィック、アプリケーションの相関関係や変化をリアルタイムで可視化します。その結果、ネットワークのデジタルツイン・シミュレーションが実現され、変更エラーがゼロになります。


ゼロトラスト


ファーウェイは、迅速な攻撃検出、ウイルス隔離、データ復旧を確かなものにするため、製品のセキュリティーを改善し続けており、業界初の多層ランサムウエア対策ソリューションを提供しています。本ソリューションは、ネットワーク・ファイアウオールを使用してウイルスを検出し、ストレージ・エアギャップでウイルスを数秒で隔離することで、侵入を迅速に防ぎます。


さらにファーウェイは、統合バックアップソリューションOceanProtectをアップグレードしました。大規模並列アルゴリズムにより、顧客はサービスを即座に復旧できます。


待ち時間ゼロ


Huawei Data Intelligence Solutionは、完全なサーバーレスアーキテクチャをデータレイクハウスとデータAIのコンバージェンスと組み合わせ、特にデータウエアハウスに極めて強力なリアルタイム機能を提供します。待ち時間ゼロの体験構築には、理想的な選択肢です。


一言で言えば、ファーウェイは顧客の強靭性を再定義して強化し、ノンストップ・バンキングをより適切に実現したいと考えています。