acrofan

産業 経済 技術 ゲーム
社会 生活 自動車 メディア

CGTN:中国経済に関するCGTNの世論調査 III:次の『中国』もやはり中国である!

  • 2024-02-28 11:21
  • ACROFAN=PRNasia
  • hkcs@prnasia.com

北京、2024年2月28日 /PRNewswire/ -- 「次の『中国』もやはり中国である!」中国の習近平国家主席は、2023年アジア太平洋経済協力CEOサミットで、中国ビジネスコミュニティに向けてこのようなコメントを述べ、グローバル市場における中国の機会を強調しました。新時代国際コミュニケーション研究所を通じて、CGTNと中国人民大学(RUC)が実施した調査によると、世界の評価において90.6%が中国を重要な国と見なし、中国との相互に有益な協力を深めることを自国の利益とみなしており、この考え方は国際社会において共通認識となっています。


中国は世界から孤立して発展することはできないし、世界は繁栄のために中国を必要としています。世界の評価から見れば、中国は世界経済成長の原動力であり、世界の発展の機会であるだけでなく、国際社会の安定剤であり、信頼できるパートナーでもあります。調査によると、その対象者の84.5%が、世界で最も影響力のある経済主体は中国であると述べています。一方で、中国はチャンスに満ちた国であり、中国の発展は世界にチャンスをもたらすと考える割合は81.9%に達しました。さらに、調査対象者の75.6%が自国が中国と良好な関係を維持できることを望んでおり、中国の国際問題への積極的な参加が公正で合理的な国際秩序の維持に役立つと信じています。調査対象者は、中国と米国を含む世界の8大国について述べており、中国との経済・貿易関係が自国に最も多くの利益をもたらすとしています。彼らの目には、中国が最も信頼できるパートナーだと映っているのです。


世界が中国経済に寄せる信頼と期待は、中国の大きく安定した市場と、中国がその対外交流において堅持してきたバランスの取れた、協調的で包括的な発展というコンセプトに由来しています。この点に関して、世界の調査対象者の63.2%が中国の対外政策の方向性の一貫性と安定性を評価しており、中国が動揺する世界に「安定化剤」を注入したと信じています。さらに、調査対象者の64.6%が、中国は責任を持った国であり、世界のガバナンスにおいてますます重要で建設的な役割を果たしていると述べています。


未来を共有するグローバルコミュニティ、一帯一路構想、グローバル開発イニシアチブ、「グローバル安全保障イニシアチブ、グローバル文明イニシアチブの概念から、サウジアラビアとイランの歴史的な和解を仲介し、「UAEコンセンサス」を達成するために国連気候変動会議を推進するまで、中国のアイデア、計画、そして知恵は、国際社会からますます多くの信頼と期待を勝ち取っています。調査において、その対象者の76.5%が中国は尊敬に値する国であるということに同意しています。世界の調査対象者の合計84.2%が、中国は成功した国だと評価しています。一方で、80.1%の調査対象者が中国の国際的影響力が増していると信じ、中国が世界のガバナンスに対してより価値ある経験を提供することを期待しています。


この調査は世界的に実施され、米国、フランス、日本、韓国といった先進国や、ペルー、メキシコ、タイ、ナイジェリアといった発展途上国から15,037人の回答者が参加しました。


https://news.cgtn.com/news/2024-02-26/CGTN-polls-on-China-s-economy-III-The-next-China-is-still-China--1rvluMDbcUE/p.html