acrofan

産業 経済 技術 ゲーム
社会 生活 自動車 メディア

南アの先駆的アーティスト、エスター・マラングの回顧展はBMWアート・カーを展示

  • 2024-02-15 17:00
  • ACROFAN=PRNasia
  • hkcs@prnasia.com

ケープタウン(南アフリカ), 2024年2月15日 /PRNewswire/ -- 南アフリカのIziko MuseumsとBMWは「"Then I Knew I Was Good at Painting": Esther Mahlangu. A Retrospective(「そのとき絵を描くことが得意と気付いた」:エスター・マラング回顧展)」を開催します。Nontobeko Ntombela氏が監修する展示会は、50年を超えるエスター・マラング(Esther Mahlangu)の長いキャリアや、現代アーティストとして台頭して世界的に高い評価を得たことに脚光を当てています。回顧展は2024218日から811日まで、Iziko South African National Galleryで開催されます。そこからグローバルツアーが始まり、南アフリカ・ヨハネスブルクのWits Art Museumを経て、2026年初めには米国に巡回します。


マラングは1991年にアフリカ人、および女性として初めて、BMWアート・カーを描きました。このコラボレーションはアート世界の重要な瞬間を刻み、アフリカのアートを現代の自動車デザインとブレンドしました。この展示会には、30年以上ぶりに南アフリカに里帰りするマラングのBMW 525iアート・カーが含まれています。マラングはこのほど、アドリアーノ・ペドロサ(Adriano Pedrosa)氏がキュレーターを務める第60回ヴェネチア・ビエンナーレ国際美術展に出展することも決まっています。


Nontobeko Ntombela学芸員は「マラングのジャーニーは情熱、革新性、回復力の証です。回顧展は、アフリカ文化と現代性が交差するエスター・マラング独自のアート手法に敬意を表しています。展示会はマラングの声、主体性、開拓者精神をたたえ、自己宣言、自己決定、創造性を象徴しています」と話しました。展示会は色彩とフォルムの言葉を通じて、マラングの70年近い現代アートへの貢献を示しています。世界中のコレクションから100点以上の作品が集められました。歴史的な写真や短編映画と並べて展示されます。


画像はAPで入手可能です。


詳細と報道用の画像はhttps://press.bmwgroup.com/xrg56 をご覧ください。


▽報道関係問い合わせ先


Prof. Dr Thomas Girst
Head of BMW Group Cultural Engagement
Phone: +49 89 382 24753
Email: Thomas.Girst@bmwgroup.com