acrofan

産業 経済 技術 ゲーム
社会 生活 自動車 メディア

「Walking the Crack」展は現代生活のメタファー、線形性のオデッセイ

  • 2022-09-20 13:29
  • ACROFAN=PRNewswire
  • mediainquiries@prnewswire.com

【台北2022年9月20日PR Newswire】「Walking the Crack」展が2022年9月8日から2023年1月8日まで、台北市立美術館(Taipei Fine Arts Museum、TFAM)の2階ギャラリーで開催されている。TFAM上級学芸員のFang-Wei Chang氏がキュレーションを担当し、1960年代以降のさまざまな世代にまたがる28組のアーティストおよびアート集団を台湾内外から集め、動き、線、人類のジレンマを克服するための探求について熟考している。多種多様なメディア、オブジェ、テキストをフィーチャーし、さまざまなレベルで来場者との会話を開始し、「歩く(行う)展覧会」になることを目指す。


Walking the Crack/台北市立美術館提供
Walking the Crack/台北市立美術館提供


この展覧会は、Covid-19パンデミックの最中に開催される。その中で、「walking(歩行)」は概念的な出発点の役割を果たし、「crack(亀裂)」は現代の絶え間ない闘争の状態を暗示し、「walking the crack(亀裂を歩く)」ことは解決への可能な道の探索を示唆している。人間の一生は歩行に始まり、人間は互いの意思疎通のために言語を発達させた。歩行と言語は共に進化しながら、都市や文化に豊かなイメージを与えた。展覧会では、「crack(亀裂)」は2つの意味を暗示する。それは空間を歩く経験と、われわれの難問を克服するために革新的な方法で考える可能性である。「Walking the Crack」で形作られる線や格子は、アートと日常生活、アーティストと鑑賞者、美術作品と空間を結びつける。展覧会の観覧と閲覧は1つの循環に収束し、それは生死のサイクルを暗示する。


数多くの作品の中でも、展覧会ではHilo Chen氏の絵画が会場全体に展示されている。歩行、対話、交流などを主題に、「between(間)」という概念を暗示している。ビデオ作品「Touch(接触)」では、Janine Antoni氏が綱渡りをすることで地平線に関与する。彼女は「この不可能な場所を歩き、自分の視線の上を、または想像力の端を歩きたかった」と語った。Pak Sheung Chuen氏の「Taipei Note(台北手記):2011.11.19-2011.11.28」では、日記形式で構成された生き生きとした短文を展示スペース全体の目立たない場所に断片的に散在させ、鑑賞者が展覧会場を歩き回りながら探し、想像するように誘う。


「Walking the Crack」展


日時:2022年9月8日から2023年1月8日まで


場所:台北市立美術館 2A、2B展示室


https://reurl.cc/RXk6og 


(日本語リリース:クライアント提供)